専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「マルコ顧問が命じたものを手にした」10位入賞を飾ったイギリスGPでの角田裕毅に各専門メディアは及第点以上の評価!

THE DIGEST編集部

2021.07.21

粘り強い走りでポイントを獲得した角田。ここ最近のレースでは安定感が増してきている。(C)Getty Images

粘り強い走りでポイントを獲得した角田。ここ最近のレースでは安定感が増してきている。(C)Getty Images

 F1第10戦のイギリスGPにおいて、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は10位入賞を飾り、2戦ぶりにポイント獲得を果たした。

 スプリント予選レースの導入による新たなフォーマットは、角田だけでなく、チーム全体に悪影響を与え、各セッションで低調を極めることとなったが、巻き返しを図るべくチームが用意した戦略を確実にこなした結果、順位を6つも上げ、ポジティブな結果で苦戦のGPを締めることができた。

【PHOTO】歴代の名車がずらり!!F1世界選手権で成功を収めたマシンを一挙に紹介!!

 チームメイトのピエール・ガスリーが終盤の不運なパンクによりピットインしたことで、角田がポイント圏内に繰り上がったという点はやや複雑だが、着実に順位を上げた末にチャンスを掴み、チームの損失を最低限に抑えたという点は十分に評価できるだろう。

 現地メディアも概ね、結果を残した20歳のルーキーに高評価を与えている。ここでは、採点と寸評の形式をとった各国の専門メディアの見方を紹介していこう。まず、『F1i.com』は10点満点中の「7」を与え、「角田にとって最高の週末ではなかったが、堅実なパフォーマンスでレースをまとめ、チームメイトであるピエール・ガスリーが終盤にパンクで脱落したことで、妥当なポイント獲得を果たした。印象的だったのは、ミディアムタイヤを30周まで長持ちさせたことだ」と綴った。
 
 同じく「7」の『CRASH』は、「今回は金曜日の予選までのフリー走行が1回だけだったということで、ルーキーは常に困難に見舞われた。Q1では計量によってプランを狂わされたことに不満を露にした彼は、土曜日のスプリント予選レースでも進化が見られなかった。しかし、決勝レースでは事がうまく進み、チームメイトのパンクという“恩恵”も受けてポイントを手にした」と評している。

『planetf1』は「シーズン序盤で苦戦した角田は、この週末も悪いスタートを切った。彼には良い決勝レースが必要だったが、見事にヘルムート・マルコ(レッドブル・グループ顧問)が命じたもの(ポイント)を手に入れた」として、こちらも「7」を与え、さらに以下のように続けている。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング