専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「金がゼロ? 屈辱的な一日だ!」卓球混合ダブルス決勝にも敗れた中国勢に母国メディアが嘆き節!「なにかがおかしい」【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.27

卓球混合ダブルス決勝、許昕/劉詩雯ペア(写真)は日本ペアと死闘を繰り広げたが、最終ゲームで力尽きた。(C)Getty Images

卓球混合ダブルス決勝、許昕/劉詩雯ペア(写真)は日本ペアと死闘を繰り広げたが、最終ゲームで力尽きた。(C)Getty Images

 東京五輪は7月26日に大会4日目を終え、日本勢は金メダル8個を獲得し、出場国ランキングで単独首位に立った。このままで終わるとは思えないが、夏季五輪ではなかなかお目にかかれない情勢。期待以上のメダルラッシュで、日本のスポーツファンを熱狂させている。

 一方で、月曜日にエンジンがかからなかったのがスポーツ大国・中国だ。全国紙『新浪体育』は「盤石だと見られていた3つの競技がことごとく銀メダルに終わった。まさに屈辱的な一日だ」と嘆いた。

 まずは男子シンクロ高飛び込みで世界王者の陳艾森/曹縁組が英国コンビの後塵を拝し、こちらも優勝候補筆頭だった女子重量挙げ55キロ級の廖秋雲も僅差で金メダルを逃した。そして極めつけが、卓球・混合ダブルスの世界最強ペアである許昕/劉詩雯組の決勝敗退だ。日本の水谷隼/伊藤美誠組との歴史的な激闘で競り負け、まさかの銀メダルに終わったのである。

 同紙は「中国代表チームがオリンピックでひとつも金メダルを獲れない日があるとは……。信じられない状況であり、東京でなにかおかしなことが起こっている」と記した。一方で日本卓球界初の金メダル奪取には「水谷/伊藤組のプレーは素晴らしかった。勝者に値する内容である」と称えつつ、「ただ、今後は(日本勢に)簡単には行かせない」とプライドを垣間見せた。
 
 中国の総メダル数は18個で出場国トップだが、やはり金メダルで1位にならないと気が済まないお国柄のようだ。大会4日目終了時点で6個。ここから、東洋の獅子の猛烈な巻き返しがはじまる。

構成●THE DIGEST編集部

【東京五輪PHOTO】随時更新! 東京オリンピックで輝いた「日本人メダリスト」を一挙紹介!

【PHOTOギャラリー】シュミット、ビロディド、リパコワに大和撫子たちも厳選! 東京五輪を彩る美女アスリートを一挙紹介!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング