専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「五輪最大の衝撃だ!」水谷隼/伊藤美誠ペアの“初金メダル”に中国メディア震撼!「また栄冠を失った」【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.27

今大会、苦しい戦いを連続して乗り越えた伊藤と水谷。悲願の金メダルに喜びを爆発させた。(C)Getty Images

今大会、苦しい戦いを連続して乗り越えた伊藤と水谷。悲願の金メダルに喜びを爆発させた。(C)Getty Images

 日本卓球界にとって悲願の金メダルだ。

 東京五輪4日目の7月26日に行なわれた卓球の混合ダブルス決勝で、日本の水谷隼/伊藤美誠は、中国代表の許キン/劉詩ブンと激突。これまで頂点を阻まれてきた宿敵を相手に、ゲームカウント4-3と頂上決戦にふさわしい死闘の末に、日本卓球界に初の金メダルをもたらした。

 試合は序盤から日本のミスが目立ち、第1ゲームを5-11で落とすと、第2ゲームも7-11と連取される。しかし、そこから水谷と伊藤ペアが意地を見せる。11-8、11-9、11-9と3ゲーム連続で接戦をものにすると、第6ゲームを6-11で落として決着は最終ゲームへ。いきなり8ポイント連続奪取を成功させるなど攻勢を強め、11-6で激闘に終止符を打った。
 
 この結果には“卓球王国”もショックの色を隠せない様子だ。中国紙『上游新聞』は「東京五輪最大の衝撃!」と銘打ち、「ジュン・ミズタニ/ミマ・イトウが五輪史上初の卓球混合ダブルスのタイトルを獲得」と速報。「これまでの大会で最も大きなアップセットだ」と今回の快挙について言及している。

 さらに地元メディア『捜狐体育』も、驚きをもって「許キン/劉詩ブンが3-4で敗退!」と伝えると、「日本の切り札によって逆転された」と報道。さらに「中国はこの試合のために5年間準備してきた」としたうえで、「またしても栄冠を失った」と新種目での王者陥落を嘆いた。

 自国開催の大舞台で最高のスタートを切った日本卓球界。男女シングルス、そして団体戦でのさらなる躍動にも期待だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】日本卓球史上初の金メダル!混合ダブルス初代王者に輝いた水谷隼・伊藤美誠の激選ショット!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング