専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「再び栄冠を掴んだ!」悲願の金メダルを獲得したソフトボール日本代表に米メディアも賛辞!「ウエノは信じられない」【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.27

アメリカとの激闘を制した日本が再び世界の頂に立った。(C)Getty Images

アメリカとの激闘を制した日本が再び世界の頂に立った。(C)Getty Images

 東京オリンピック2020は7月27日、ソフトボール決勝が行なわれ、日本が2対0でアメリカに勝利。2008年北京オリンピック以来、13年ぶりとなる金メダルを獲得した。
【随時更新!PHOTO】2度目の金メダル獲得!ソフトボール日本代表ベストショットを一挙公開

 全ての想いが結実した瞬間だった。

 日本の先発マウンドに立った大エース・上野由岐子は、初回に1死三塁のピンチを招くも、それを1三振と自らのファインプレーでしのぎ切ると、その後は強打のアメリカ打線に“ゼロ行進”を続ける。

 大会中に39歳となった“レジェンド”の好投に応えたい日本は、4回に均衡を破る。2死一、三塁のチャンスを作ると、メキシコ戦でサヨナラ打を打っていた9番の渥美万奈が、ヘッドスライディングで内野安打をもぎ取って先制点をもたらしたのだ。

 さらに5回には、この回からマウンドに立っていた敵エースのアボットから藤田倭が速球をライト前に運び、大きな、大きな2点目をもたらし、日本は着実にリードを広げていった。
 
 6回裏に招いたピンチを今大会4試合で21個の三振を奪い、“絶対的クローザー”として君臨する後藤希友のリリーフで乗り切った日本は、最終回も“再登板”を果たした上野がきっちりと3人で締めくくって快哉を叫んだ。

 気迫のプレーの数々で13年ぶりの金メダルを掴んだ日本には、敵国メディアからも賛辞が寄せられている。米放送局『CBS Sports』は「アメリカとの頂上決戦で再び日本が競り勝った」とマッチサマリーを記した。

「日本のソフトボールチームは、2008年の北京オリンピックでアメリカから史上最大の勝利を収めた。それから13年後――。2020年の東京オリンピックでも、彼女たちは再び金メダル獲得という栄冠を手にした。エースとしてマウンドに立ったユキコ・ウエノは信じられないほどのピッチングを見せつけた」

 最大のライバルとの激闘を制し、再び金メダルを手にした日本。その勝利に対する反響はしばらく止みそうにない。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング