専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「新たなスーパースターだ」橋本大輝が体操個人総合で金メダルに海外メディアから称賛の嵐!「なんて万能なパフォーマンス」【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.29

団体銀メダルに続き、個人総合では金メダルを獲得した橋本。(C)Getty Images

団体銀メダルに続き、個人総合では金メダルを獲得した橋本。(C)Getty Images

 7月28日に行なわれた東京五輪の体操男子個人総合決勝で橋本大輝が、中国のオールラウンダー肖若騰やROC(ロシアオリンピック委員会)の世界王者ニキータ・ナゴルニーとの争いを制し、88.465点で優勝を果たした。

【PHOTO】日本、体操男子個人総合で3大会連続の金!内村の2連覇に続き、世界の頂点に輝いた19歳の新たなエース橋本大輝!

 予選を1位で通過し、正ローテーションの1班で回った橋本は、1種目の床運動では14.833点で1位と好発進。続くあん馬でも大きくしなやかな旋回を披露して15.166点と高評価を得た。

 ところが、つり輪では予定していた技の認定がされずにDスコア(技の難度)を落とすと、4種目目の跳馬でもラインオーバーによる減点と、金メダルの雲行きが怪しくなる。

 しかし、ここで気持ちを切らさずに臨んだ橋本は、平行棒ではEスコア(技の完成度)9.100と完璧な実施をすると、最終鉄棒を残し首位と0.467差の3位に。そして最終演技者として挑んだ鉄棒では、カッシーナやコールマンといったDスコア6.500をいとも容易くこなし、1位の座を奪い取ったのだ。
 
 新王者の誕生には、各国メディアも熱視線を送る。英公共放送『BBC』は「彼は全てで優れているし、まだ19歳だ! なんて万能なパフォーマンスだろう。まさに世界体操の新たなスーパースターだ」と驚きを持って伝えている。

 また、米スポーツ専門局『NBC Sports』は、「ナゴルニーが金メダル最有力候補だったが、ハシモトが開催国で番狂わせを演じた」と2019年の世界選手権を制していたナゴルニーを下したと報じている。

 ロンドン、リオ大会と内村航平が連覇しているため、3大会連続での優勝となった日本。長年体操ニッポンを牽引してきたレジェンドの系譜を橋本が見事に受け継ぐ形となった。

構成●THE DIGEST編集部
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング