専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

伊藤美誠が準決勝で中国選手にストレート負け。中国メディアは「反撃の術が見つからなかった」と厳しい評価【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.29

準決勝で敗退し二冠の夢が潰えた伊藤美誠。(C)Getty Images

準決勝で敗退し二冠の夢が潰えた伊藤美誠。(C)Getty Images

 7月29日に行なわれた東京五輪の卓球女子シングルス準決勝に出場した伊藤美誠(世界ランク2位)は、同じく2000年生まれの中国の孫穎莎(同3位)にストレート負けを喫した。

 3日前の混合ダブルス決勝では金メダル獲得した伊藤。勢いに乗り二冠を目指して挑んだこの準決勝では、ゲームポイント2-1と幸先の良いスタートを切るも、そこから8連続ポイントを奪われ3-11で第1ゲームを落とす。続く第2ゲームは5-0と大きくリードするも、ミスの連続で9-9と振り出しに戻されると、結局流れを断ち切れず9-11で落とした。

 第3、4ゲームも終始相手のペースで試合が展開され、6-11、4-11と、わずか34分で敗戦。もう一つの準決勝では世界ランク1位の陳夢が勝ち上がったため、これで同種目の金銀は中国選手が独占することが決まった。

 今回の試合に注目した中国のスポーツ専門メディア『新浪体育』では、「2000年生まれの対決は孫穎莎の勝利に終わった!ミマ・イトウは心が乱れていた」と題して記事を掲載した。
 
 まず自国の孫穎莎のパフォーマンスについては、「小悪魔であり強心臓であることを示した。ゲームは血湧き肉躍る内容だった」と評価。一方、伊藤については、「反撃の術が見つからなかったようだ。集中力が足りず、何をしたらいいのかわからずにポイントを失った後、テーブルに横になっていたようだった」と伝えた。

 29日20時開始の3位決定戦に回ることになった伊藤。準々決勝で石川佳純を下したシンガポールのモンユ・ユ(同47位)と対戦する。日本女子初のシングルスのメダル獲得なるか期待だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】日本卓球史上初の金メダル!混合ダブルス初代王者に輝いた水谷隼・伊藤美誠の激選ショット!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング