専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「ラクダ商人を追い越せ!」ドイツ自転車のコーチが人種差別発言で強制帰国! 教え子も「走りながら愕然とした」【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.30

ロードレース出走時のアルント。コーチからいきなり飛び出した問題発言に、我が耳を疑ったことだろう。(C)Getty Images

ロードレース出走時のアルント。コーチからいきなり飛び出した問題発言に、我が耳を疑ったことだろう。(C)Getty Images

 あってはならない発言が、テレビ中継の音声に拾われていた。

 7月28日に行なわれた東京五輪・自転車競技の男子タイムトライアル。中位に付けていたドイツ代表のニキアス・アルントに、後方から檄が飛ぶ。声の主は路側帯で小走りしていたコーチのパトリック・モスターで、アルジェリア代表のアゼディヌ・ラガブとエリトリア代表のアマヌエル・ゲブレイグザブヒエルを捉えようとしていたアルントに向かって、耳を疑うような言葉を連呼したのだという。

「そのラクダ商人(ラクダ追い)たちを追い越せ! ラクダ商人たちを追い越せ! やっちまえ!」

 明らかにアラブ圏の人びとを愚弄する表現であり、すぐさまこれが大問題となる。英紙『Guardian』によれば、ドイツ国内のライブ中継で解説を担当した人物は、「呆れてなにも言えない」と絶句。瞬く間にSNSで情報が拡散し、東京に滞在しているドイツ五輪スポーツ連盟のアルフォンス・ヘルマンが翌29日に謝罪声明を発表するに至った。

「昨日、モスター氏が発した人種差別的発言に関して、心より謝罪を申し上げます。彼はオリンピックの精神を冒涜しました。これは我々ドイツ選手団が大切にしているフェアプレー、尊敬、寛容を裏切る行為でもあります」
 
 すでに職を解かれ、ドイツへの強制帰国を言い渡されていたモスター自身も「熱くなりすぎていたとはいえ、不適切な発言をしてしまったことを深くお詫びします。本当に申し訳ありませんでした」と釈明。突然、妙な指示を出されて困惑したのがアルントだ。こちらも「いきなりあんな風に言われて、走りながら愕然としたよ。許されるべき発言ではない」と断じた。

 一方で、被害者のひとりであるラガブもツイッターで想いを吐露。「さて、オリンピックにはラクダのレースなんてないはずだけどね。だから僕は自転車競技に出たんだ。少なくともこの東京オリンピックではね」と、ユーモアを交えて皮肉った。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTOギャラリー】シュミット、ビロディド、リパコワに大和撫子たちも厳選! 東京五輪を彩る美女アスリートを一挙紹介!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング