専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「我々が受け入れる!」ベラルーシ陸上選手の亡命先はポーランドに決定。すでに家族が脱出、競技続行への道も【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.08.03

亡命先が決まったツィマノウスカヤ。夢見ていた五輪の舞台に立てず、無念の離日を余儀なくされた。(C)REUTERS/AFLO

亡命先が決まったツィマノウスカヤ。夢見ていた五輪の舞台に立てず、無念の離日を余儀なくされた。(C)REUTERS/AFLO

 心配されていた身の安全が、隣国によって保障された。チーム内でのトラブルによって強制帰国を命じられていたベラルーシ陸上選手、クリスツィーナ・ツィマノウスカヤの亡命先がポーランドに定まったようだ。同大使館で迅速に手続きが進められている。
【PHOTOギャラリー】シュミット、ビロディド、リパコワに大和撫子たちも厳選! 東京五輪を彩る美女アスリートを一挙紹介!

 事の発端は8月1日夕刻。イスタンブール行きの飛行機に搭乗予定だったツィマノウスカヤは、これを土壇場で拒否して、日本の空港警察に保護を求めた。ベラルーシ政府による弾圧からアスリートを守る市民団体BBSFを通してビデオメッセージを発信し、ようやくトラブルの全容が明らかとなる。

 7月31日、ツィマノウスカヤはベラルーシ陸上チームのコーチ陣から理不尽な仕打ちを受けた。翌月曜日に出場予定だった東京五輪・陸上女子200メートルのエントリーをキャンセルし、金曜日開催の4×400メートルリレーに鞍替えするように命じられたのだ。

 複数のリレーメンバーが出場条件とされるドーピング検査を受けていなかったことが判明し、その穴埋めが理由だった。指示はベラルーシ本国からあったようで、同国のここまでのメダル数(2個)に不満を持つアレクサンドル・ルカシェンコ大統領が、より上位を狙える競技に注力するよう指示したためだとも言われる。
 
 いずれにせよ、ツィマノウスカヤはこれに憤慨。自身のインスタグラム上でコーチ陣の不手際と強引な種目変更を公然と批判した。すると、ベラルーシ国内でこれが大問題に発展。国営放送『ONT』が「彼女にはチームスピリットが欠けている」と吊り上げ、バッシングのキャンペーンを張ったのだ。

 インスタグラムのアカウントは削除され、コーチ陣はツィマノウスカヤの部屋に駆け込んで「明らかな政権批判だ!」「荷物をまとめて帰国しろ!」と強制。選手本人から当時の状況を聞いたジャーナリストは「誘拐に近い状況で空港に無理やり連れていかれた」のだという。そしてツィマノウスカヤは関係者がいなくなったのを確認して、空港にいた警察官に保護を求めた。「このまま帰ったら刑務所に入れられてしまう。亡命を手助けしてほしい」と身の危険を訴えたのだ。
NEXT
PAGE
ポーランド政府はベラルーシの“反政権派”を支援

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング