専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

【卓球女子団体戦】“絶対王者”中国に0-3で完敗も、日本が2大会ぶりに銀メダルを獲得【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.08.05

惜しくも頂点には届かなかった日本だが、2大会ぶりの銀メダルに輝いた。(C)Getty Images

惜しくも頂点には届かなかった日本だが、2大会ぶりの銀メダルに輝いた。(C)Getty Images

 8月5日に行なわれた東京五輪卓球競技の女子団体戦決勝で、日本チーム(伊藤美誠、石川佳純、平野美宇)は中国代表(陳夢、孫穎莎、王曼昱)と激突。“絶対王者”の前に0-3で敗れ頂点には届かなかったものの、2大会ぶりの銀メダルに輝いた。

 第1試合、日本の先陣を切ったのは過去3戦と同様に石川/平野ペア。第1ゲームは陳/王ペアを相手に序盤から主導権を握り、反撃に遭いながらもリードを守って11-9で先手を取る。しかし第2ゲームは粘りを見せるも6-11で落とし、第3ゲームもハイレベルな攻防を見せたが8-11で競り負け。第4ゲームも7-11で一歩及ばず、ゲームカウント1-3で勝利には届かなかった。
 
 続く第2試合は、エースの伊藤が孫と対決。同い年のライバルとの戦いは激闘が予想されたものの、第1ゲームは一時リードを奪うも8-11で逆転負け、第2ゲームもサーブ失敗などミスが目立ち、5-11でいきなり崖っぷちに。第3ゲームこそ11-3で圧倒しエンジンがかかったかに思われたが、第4ゲームはエッジボールが続くなどの不運もあり、3-11で敗北。ゲームカウント1-3、シングルス準決勝のリベンジは果たせなかった。

 後がなくなった第3試合、平野が王と激突。第1ゲームは中盤に突き放され5-11で落とすと、第2ゲームも開始から3連続ポイントを許し0-3と劣勢に。たまらずタイムアウトを取った平野は、そこから4ポイントを連取するなど一時は逆転に成功したが、最後は9-11で競り負け。第3ゲームも3-11で落とし、日本の金メダルへの挑戦はここで幕を閉じた。

 残念ながら悲願の成就は叶わなかったが、3大会連続のメダル獲得、そしてロンドン五輪以来2大会ぶりの銀メダルに輝いた日本。素晴らしい戦いを見せてくれた3人には、心から拍手を送りたい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】銀メダルに輝いた卓球日本女子団体の激闘を激選ショットで振り返る!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング