専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「ポイント獲得は現実的ではなかった」車のペース不足で失意を味わった角田裕毅に専門メディアは軒並み同情

THE DIGEST編集部

2021.11.23

予選では好タイムを出しただけに決勝も期待されていたが…。(C)Getty Images

予選では好タイムを出しただけに決勝も期待されていたが…。(C)Getty Images

 F1第20戦のカタール・グランプリ、予選まで好パフォーマンスを発揮したスクーデリア・アルファタウリの角田裕毅だったが、ポイント獲得が期待された決勝では車のペース不足に苦しんで失意の13位に終わった。

 予選では彼が8番手、そしてチームメイトのピエール・ガスリーにいたっては4番手から上位2選手のグリッド降格に伴う繰り上げによってフロントローからのスタートとなり、アルピーヌとのコンストラクターズ・ランキング5位争いにおいてリードを奪うチャンスが到来したと思われた。しかし、「予想外」(角田談)の展開で2台ともみるみる順位を落とし、終わってみればフェルナンドアロンソが3位表彰台、エステバン・オコンが5位という最高の結果を残したライバルに25ポイントの大差をつけられた。

 角田にとっても、チームにとっても失意と言う他ない週末となったが、海外メディアは明らかに車に問題があったとして、ドライバーに対しては10点満点の採点では及第点を与えるところが多く、予選までの出来を考慮し、ポジティブに評価したところも少なくない。『planetf1』もそのひとつで、採点は「6」として、寸評は以下のように綴っている。
 
「カタールでは幾つものポジティブな兆しが見られたが、最終的には大きく順位を落としたチームメイト同様、ポジティブな結果を得ることができなかった。予選でもしっかりしたパフォーマンスで8番手を確保し、レースでも堅実なスタートで序盤はこのポジションを守っていた。しかし、ピット作業で順位を落とすと、彼に挽回するペースはなかった。ガスリー同様、その貧相な結果は車によるところが多いが、いずれにせよレースを盛り上げることはできなかった」

 同じく採点は「6」の『RN365』は「ツノダにとって、この1年で最も有望な週末のひとつだったが、残念ながらそれは、アルファタウリが中盤争いのライバルに対してスピードで劣るコースで来てしまった。予選では、チームメイトのピエール・ガスリーにタイム差で迫ったことで、自信を得ることができた」と、同情も示しながら、収穫もあったことを示した。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング