専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

平野美宇が五輪女王に僅かに及ばず!フルセットの大激闘も、最後は“女王の意地”に屈する【世界卓球】

THE DIGEST編集部

2021.11.27

世界ランク1位の陳夢に善戦を見せた平野は、フルセットの末敗退となった。(C)Getty Images

世界ランク1位の陳夢に善戦を見せた平野は、フルセットの末敗退となった。(C)Getty Images

 現地時間11月26日、アメリカのヒューストンで世界卓球の女子シングルス4回戦が行なわれた。日本の平野美宇(世界ランク12位)は、東京五輪金メダリストの陳夢(中国/同1位)にフルセットの末、3-4で敗退し、8強入りを逃した。

【動画】五輪女王と激闘を演じた平野!マッチポイントの様子をチェック

 1時間半を超える大激闘だった。10-12で第1ゲームを譲った平野だが、第2ゲームはデュースに持ち込み15-13で掴み取ると、その勢いのまま11-8で第3ゲームをものにする。第4、5ゲームは8-11、7-11で落とすも、好ラリーで相手を苦しませた。
 
 後が無くなった21歳は、第6ゲームで陳夢に13-11と食らいつき、試合の行方を最終セットに持ち込んだ。最後は五輪女王の意地を見せつけられ5-11で終わるも、試合を通して平野は爪痕を残したようだ。

 同結果を受け、27日に実施する石川佳純(世界ランク9位)の準々決勝の対戦相手は、陳夢に決まった。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】3大会連続のメダル獲得!銀メダルに輝いた卓球日本女子団体の激闘を厳選ショットで振り返る!
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング