専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

高身長のフィギュアスケーターは不利!? 露メディアがトゥルソワ、ワリエワらの身長から独自検証!

THE DIGEST編集部

2021.12.17

驚異的な身体能力で世界を驚かせるワリエワは160センチ。高難度のジャンプを跳ぶトゥルソワは158センチだ。(C)Getty Images

驚異的な身体能力で世界を驚かせるワリエワは160センチ。高難度のジャンプを跳ぶトゥルソワは158センチだ。(C)Getty Images

 女子フィギュアスケートの強豪国ロシア。今季シニアデビューながら歴代最高スコアを更新した15歳のカミラ・ワリエワをはじめ、昨季の世界選手権で優勝した17歳のアンナ・シェルバコワ、元世界選手権女王の24歳エリザベータ・トゥクタミシェワ、さらに4回転5本入れる男子顔負けの構成で滑る17歳アレクサンドラ・トゥルソワら、数多の名スケーターたちを世に送り出してきた。

 若手が著しく台頭するフィギュア界。一部では、身体が成長する思春期前の方が4回転ジャンプや難易度の高いステップが可能と考えられている。そんななかで、ロシア・メディア『sportsdaily.ru』は、「ジャンプは身長ではなく、体重が重要になってくる。フィギュアの女性は、体脂肪率が高いと決定的なダメージとなる。ただ体重は成長にともなって増える傾向がある」と伝え、国際大会でメダルレベルの国内女子選手の身長で、独自の検証を行なった。

 まず、同メディアが取り上げたのが、158センチと公式ページで発表しているトゥルソワだ。「このデータは古く、夏の終わりから急激に身長が伸びはじめている。最近の写真からすると160センチ以上あり、エテリ組で最も背が高い」と紹介された彼女は、「強靭な筋肉があり、体が重くても耐えられる。そのためトゥルソワは4回転ジャンプを維持できることは間違いない」と、例外的に太鼓判を押された。
 
 では、成長株のワリエワはどうか。同記事は、160センチの彼女に対して「非常に鋭い跳躍を見せるワリエワは、難しいテクニックでカバーしている。今年の彼女に関しては、単純には評価しきれない」と記し、こう続けた。

「今季のワリエワは4回転ジャンプを跳ぶだけでない。変装した男子のような高さをみせている。彼女がそれを出来る方法は知る由もないけど、才能だ」

 さらに最高身長を誇ったのはワリエワと同い年のマイア・フロミフで166センチ。高身長にもかかわらず、「フロミフの4回転トゥーループは素晴らしい。世界でも最高の4回転ジャンプだ」と評している。

 またトゥクタミシェワ159センチ、シェルバコワは157センチ、手を骨折し北京五輪の可能性がほぼ消滅するアリョーナ・コストルナヤは156センチといずれも150センチ台だ。検証結果から「高身長の選手は活躍しない」という考えは、もはや間違っていると言えそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】高難度ジャンプもお手のもの! ワリエワ、トゥルソワら北京冬季五輪を席巻しそうなロシア女子フィギュアスケーターを特集!
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング