専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「俺も人生懸けてるんだよ!」ノアの“イッテンヨン”後楽園大会で潮崎豪を清宮海斗が撃破。新日本との大一番に弾み

どら増田

2022.01.05

潮崎を撃破して快哉を叫んだ清宮。壮絶な打ち合いの末の勝利だった。写真:滝川敏之

潮崎を撃破して快哉を叫んだ清宮。壮絶な打ち合いの末の勝利だった。写真:滝川敏之

 プロレスリング・ノアは3年連続となる“イッテンヨン”後楽園ホール大会『NEW SUNRISE 2022』を開催。セミファイナルでは2年前の“イッテンヨン”でGHCヘビー級のタイトルを懸けて対戦した潮崎豪と清宮海斗がシングルでふたたび対決した。

 元日に行なわれた日本武道館大会では、潮崎が中嶋勝彦のGHCヘビー級王座に、清宮が拳王のGHCナショナル王座にそれぞれ挑戦するも敗戦。とりわけ清宮は1.8新日本プロレス横浜アリーナ大会において武藤敬司とのタッグで、新日本の棚橋弘至&オカダ・カズチカとの初対決が待っているだけに、怪我から復帰したばかりの潮崎には負けられないところだった。

 後がない清宮は、ジャーマン・スープレックスからストレッチプラム式フェイスロックで潮崎を捕獲。これで悶絶した潮崎だが、カウンターの豪腕ラリアットが決め、ふたたびペースを取り戻す。そしてゴーフラッシャー、ローリング式の袈裟斬りチョップ、同じフォームのチョップと重い攻撃で反撃に出る。
 
 しかし、勝負は一瞬で決した。両者が同時にロープに走りだすと、清宮のジャンピング・ニーが一足早く決まり、最後は必殺のタイガー・スープレックス・ホールドでカウント3。見事に潮崎を超えてみせた。

 バックステージで「ヨッシャー!」と喜びを爆発させた清宮は、「日本武道館で拳王に、ナショナルに及ばなかったけど、もう俺は一歩も引けないんだ! 一歩も引けないんだよ!俺もノアに人生懸けてるんだよ! 止まんねぇぞ!」と興奮しながら絶叫。一方で潮崎は「元日に敗れて、きょう敗れて……。いいよ。諦めねぇ。必ず立ち上がってやる!」と巻き返しを誓った。

◆プロレスリング・ノア◆
『NEW SUNRISE 2022』
2022年1月4日
東京・後楽園ホール
観衆 405人
▼シングルマッチ(30分1本勝負)
●潮崎豪(13分32秒 タイガー・スープレックス・ホールド)清宮海斗○

取材・文●どら増田

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング