専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

いったい何が!? 怒りのYOHが“元相棒”にレンチ殴打で反則負けも「なあ、早く戦争しようぜ」とまさかの挑発!【新日本】

どら増田

2022.02.08

いままでの横暴に対する鬱憤を晴らすかのようにSHOを殴りつけたYOH。その振る舞いはEVILも「狂ったのか」と吠えるほどだった。(C)新日本プロレス

いままでの横暴に対する鬱憤を晴らすかのようにSHOを殴りつけたYOH。その振る舞いはEVILも「狂ったのか」と吠えるほどだった。(C)新日本プロレス

 2月7日、新日本プロレスは『新春黄金シリーズ』後楽園ホール大会を開催。第5試合では、石井智宏&YOHのCHAOSと、EVIL&SHOのHOUSE OF TORTUREによる注目の対決が実現した。
【動画】YOHがまさかの横暴! レンチで元相棒を襲撃したシーンをチェック

 2.13エディオンアリーナ大阪大会で行なわれるNEVER無差別級選手権試合、ランバージャックデスマッチ、チャンピオンEVILと石井、2.20北海きたえーる大会のNEVER無差別級6人タッグ選手権試合、チャンピオンチームEVIL&高橋裕二郎&SHOに、後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&YOHが挑戦する一戦を見据えたダブル前哨戦は、H.o.Tが今宵もダーティーファイトを展開した。

 そんななかで予期せぬ事態が起きたのは、試合終盤だった。YOHをレフェリーに突き飛ばし、リング内を無法地帯にしたSHOがレンチで急襲。ここまではお馴染みの光景だったが、これをトラースキックで迎撃したYOHがなんとレンチを強奪すると、そのままレフェリーの制止を振り切ってSHOを殴打したのだ。
 

 反則負けになり、試合終了のゴングが鳴ってもYOHは、SHOに馬乗りになって殴打。そのままレンチもろとも元相棒を場外へ叩き出した。

 バックステージでも怒りが収まらないYOHは「なあSHOくん早く戦争しようぜ。2人だけのな!」とコメント。一方、EVILは「何をトチ狂ったのか、YOH。テメェの反則負けだ、オイ! その程度ならよ、タイトルマッチの結果も見えたも同然だな、この野郎。怒り任せに向かってこいよ。そのお前を潰してやるからよ。よく覚えておけ」と強がった。

 ダメージが深いSHOはコメントを出さなかったが、元タッグパートナー同士による愛憎劇は激しさを増すばかりだ。

◆新日本プロレス◆
『新春黄金シリーズ』
2022年2月7日
東京・後楽園ホール
観衆 602人
▼タッグマッチ(30分1本勝負)
石井智宏&■YOH(12分00秒 反則)EVIL&SHO□
※レンチで殴打

文●どら増田

【関連記事】今も色褪せない“伝説の世界一決定戦”。英メディアが46年前のアリvs猪木に再脚光!「世界チャンプは日本で足を失いかけた」

【関連記事】消えない背中の傷に流血。なぜ、世羅りさは“女子未踏の領域”となるデスマッチを続けるのか?「耐えて、生き様をみせる」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング