専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

朱里が“赤いベルト”4度目の防衛に成功! 試合後には「プロミネンスの世羅りさと試合がしたい」と逆指名【スターダム】

どら増田

2022.04.30

現在は新ユニット「ゴッズアイ」を率いる朱里。ひめかを退けてV4を達成した。写真:徳原隆元

現在は新ユニット「ゴッズアイ」を率いる朱里。ひめかを退けてV4を達成した。写真:徳原隆元

 4月29日、ブシロード傘下の女子プロレス団体「スターダム」は、「シンデレラ・トーナメント2022」優勝決定戦、大田区総合体育館大会を開催。メインイベントでは、赤いベルトこと、ワールド・オブ・スターダム王座を保持している「ゴッズアイ」の朱里に、その古巣であるDDMのひめかが挑戦した。

 10日の「シンデレラ・トーナメント2022」トーナメント2回戦で対戦し、10分時間切れの引き分けとなった両者だが、今回は赤いベルトを懸けての対決となった。

 試合は、パワー殺法のオンパレードで追い込むひめかに対し、朱里が得意のサブミッションや打撃で、大きな壁を崩していく。終盤、流炎を狙う朱里に、ひめかのラリアットが炸裂。すると朱里は、ひめかの顔面を蹴りあげ、投げっぱなしジャーマン、串刺しキックから一気に朱世界の体勢に。これが決まってカウント3となり、朱里が4度目の防衛に成功した。

 試合後、朱里は「ひめか!やるじゃねーか!デカいは強い!頭もげるかと思った。ユニットは遠くなったけど、ひめかのこと見てるし、さらに成長した姿を楽しみにしてる」とかつての盟友にエール。さらに、「次の対戦相手、指名試合として、プロミネンスの世羅りさと試合がしたい」と、かねてから話していた世羅の名前を出して次期挑戦者に逆指名した。

 今後は、『STARDOM Flashing Champions 2022』5.28東京・大田区総合体育館大会での実現が濃厚だ。サブミッションvsデスマッチファイターによる異色のタイトル戦が実現する。

◆スターダム◆
「シンデレラ・トーナメント2022」
2022年4月29日
東京・大田区総合体育館
▼ワールド・オブ・スターダム選手権試合(30分1本勝負)
<王者>○朱里(21分24秒 片エビ固め)ひめか●<挑戦者>
※朱世界
※第14代王者が4度目の防衛に成功

文●どら増田

【動画】最後は”朱世界”で3カウント! 朱里が見せたハイパフォーマンスをチェック

【関連記事】「綺麗なお姉さん」スターダムの鹿島沙希が“ピンクヘアー“に大胆イメチェン!「ガチで似合いすぎ」と賛辞続々

【関連記事】「大人っぽい」スターダムの岩谷麻優が披露した“巻き髪&私服姿”にファン歓喜!「革ジャン似合う」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング