専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

ドネアへの圧巻KOに世界が脱帽! 井上尚弥の底知れぬ強さに「世界最高のファイターと言っても過言ではない」

THE DIGEST編集部

2022.06.08

ドネアを渾身の左フックで打ちのめした井上。その圧倒的な強さには海外メディアも脱帽している。(C)AFP/AFLO

ドネアを渾身の左フックで打ちのめした井上。その圧倒的な強さには海外メディアも脱帽している。(C)AFP/AFLO

 レジェンドに対する早期決着は、世界に小さくない衝撃を与えた。6月7日にノニト・ドネア(フィリピン)との再戦を2回TKO勝ちで制し、見事に日本人史上初となる日本人初の世界3団体統一王者(WBA、IBF、WBC)となった井上尚弥のパフォーマンスだ。

 試合後に「出すパンチを一つひとつ覚えているくらい冷静に進めていた」と語った29歳は、やはり次元が違った。ドネアの左フックを開始早々に受けて「ピリついて立て直せた」という1回に渾身の右ストレートでダウンを奪取。これで完全に主導権を掌握した。

 そして2回に勝負を決めた。序盤からのラッシュで完全に守勢に回り、ふらついていたドネアを尻目に勢いを止めなかった井上は、「ここで終わらせなければ、この先のステージには進めないと思った」と得意の左フックを炸裂。これに39歳のレジェンドも屈した。

 試合後に「100点をつけられる」と自画自賛した井上。そんな怪物が見せた圧倒的な試合運びには、海外メディアもこぞって賛辞を贈っている。
 
 まず、日ごろから各国のボクシング情報を熱心に発信している英スポーツ専門ラジオ『talk SPORT』は「日本のスーパースターは、伝説に残るセンセーショナルな対決を繰り広げたライバルとの再戦で、完全決着をつけるのに2回しか必要としなかった」と驚嘆。そのうえで、2019年11月の対戦について「イノウエにとっては最も厳しい試練だった」と振り返り、再戦でのKOシーンを次のように描写した。

「1回を終え、2回のゴングが鳴るころには勝負はついていた。すかさず攻勢に転じたイノウエは、弱るドネアを徹底的に叩きのめし、パワフルかつ正確なラッシュと渾身の左フックでリングに寝かせた」

 さらにスペイン紙『Marca』も圧勝劇に驚きを隠さない。2回に見せたラッシュを「相手はイノウエの力強く、そして正確なパンチの波を全く受け止めきれなかった」「イノウエの強力さを前に、勇気をもって前に出たドネアは何が起こったのかほとんど理解できていなかった」とレポート。そのうえで3団体統一王者となった29歳を褒めちぎった。

「イノウエは素晴らしいパンチを持つボクサーであり続けた。彼は世界最高のファイターと言っても過言ではないかもしれない」

 因縁だったドネアとの“勝負”に決着をつけ、またひとつスターダムをのし上がった井上。23戦無敗20KOという文字通りの敵なしの強さを見せつける彼の勢いは、まだまだ止まりそうにない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「イノウエは本当に凄かった」完敗のドネア、KO勝利の井上尚弥を大絶賛!「彼はやっぱり最高だ」

【関連記事】「イノウエはネリと同じ道を辿る」スーパーバンタム級王者が井上尚弥に大胆発言!「俺が圧勝する」と言い放つ根拠は?

【関連記事】「ドネアは“慰め”を得る」井上尚弥の圧巻KOに世界も熱狂! 米メディアは「イノウエは容赦のないダメージを与えた」と絶賛
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング