専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

男女の垣根を越えた挑戦! 棚橋弘至が林下詩美との混合タッグに手応え「こういうのがプロレスを進化させる」【新日本】

どら増田

2022.11.21

後藤にスリングブレイドを炸裂させた詩美。その大技は棚橋にも大きな刺激を与えた。(C)新日本プロレス

後藤にスリングブレイドを炸裂させた詩美。その大技は棚橋にも大きな刺激を与えた。(C)新日本プロレス

 11月20日、ブシロード傘下のプロレス団体、新日本プロレスとスターダムは初の合同興行『Historic X-Over』東京・有明アリーナ大会を開催。第5試合では棚橋弘至&林下詩美の“イケメン逸材タッグ”と、後藤洋央紀&舞華によるミックスドタッグマッチが実現。

 安藤頼孝リングアナウンサー、村山大値レフェリーというスターダムのスタッフが新日本のリングに上がった。特に安藤アナによる棚橋と後藤のコールは「新鮮」とネット上でも話題となった。

 さて、試合は棚橋と後藤の力強い攻防に呼応するように、詩美と舞華も迫力ある戦いを展開。そして徐々に両タッグとも男女の垣根も自然と取れていき、詩美が後藤にスリングブレイドを炸裂。そして棚橋も舞華にスリングブレイドを狙うも、舞華はなんとバックドロップで棚橋を投げ切る。これには場内もどよめきが起こった。

 だが、最後は前日の大阪大会で赤いベルトことワールド・オブ・スターダム王座に挑戦したものの、あと一歩で朱里に敗れた詩美の意地が爆発。トーチャーラックボムからのハイジャックボムで、舞華からカウント3を奪取した。

 バックステージで棚橋は「凄えいい刺激をもらいましたよ。やってて本当に目の前に広がる景色が常に新しくて、横に詩美選手がいる。こういうのがまたプロレスを進化させてくれるんだと思う」とミクスドマッチへの手ごたえを語った。

「今は新日本プロレスもスターダムも、応援してくれるファンのみんなって若いと思うんだよね。そういった世代はなんの壁もなく目の前のプロレスを楽しんでくれたんじゃないかなと思います」
 
 一方の詩美も「スターダムと新日本さんの新しい第1歩ということで、3つのミックスドマッチがあったわけですけど、その中でもこの試合、その中でも特に林下詩美と棚橋弘至さんのイケメン逸材タッグが輝いていたんじゃないかなと思います。とても初めてとは思えないぐらい意思の疎通が、やっぱりイケメン同士だからか取れてしまって、今日で終わるにはもったいないなと思うので、また何かの形で一緒にできたらなと思います」とこのタッグの継続を宣言した。

 また、棚橋は「きょうの有明の試合の結果を受けて、ルール的な部分で今回は男子vs男子、女子vs女子での闘いが基本になりましたけど、ルールを緩めてはいいんじゃないかなってね。僕の感覚でね」と語り、男女の混合タッグの改善点を提唱した。

「そのへんをフレキシブルにやっていけるのがプロレスというジャンルの一番面白いところだから。まあでも本当にね、今日も勝てたし、いいスタートを切れた。コロナ禍っていう状況ではあるけれども、その中で知恵を絞って皆さんに、ファンの方に喜んでもらえる大会を、そして試合をっていう思いは新日本もスターダムも変わらないんで、これからも頑張っていきましょう。ありがとうございました」

 また棚橋はスターダムで自ら同じような境遇にある岩谷麻優とのタッグも希望しており、対戦した後藤と舞華も「タッグチーム名を考えよう」とこちらも続きを楽しみにしている様子。それだけに両団体によるコラボレーションが今後も続いていく可能性が高いと言えそうだ。

◆新日本プロレス×スターダム◆
『Historic X-Over』 
2022年11月20日
東京・有明アリーナ
観衆 7102人
▼ミックスドタッグマッチ(30分1本勝負)
棚橋弘至&○林下詩美(9分36秒 片エビ固め)後藤洋央紀&舞華●
※ハイジャックボム

文●どら増田

【関連記事】「この私が白いベルトの絶対王者だ!」上谷沙弥がKAIRI相手に30分フルタイムドローの死闘を展開!「11度目の防衛に成功しました」【スターダム】

【関連記事】スターダム朱里が“最高のライバル”林下詩美との死闘制して赤いベルトV10「次は12月29日、両国国技館。ジュリア戦」

【関連記事】「反則的な美しさ」スターダム中野たむの紅葉バックの“頬杖ショット”にファン反響!「地上に舞い降りた天使」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング