専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

角田裕毅の今季最終戦に海外メディアは軒並み高評価! 入賞を逃すも「結果以上に良いパフォーマンス」と来季に向け期待も

THE DIGEST編集部

2022.11.23

最終戦は11位に終わった角田だが、海外メディアは高い評価を与えている。(C) Getty Images

最終戦は11位に終わった角田だが、海外メディアは高い評価を与えている。(C) Getty Images

 2022年のF1最終戦アブダビ・グランプリにおいて、アルファタウリの角田裕毅はポイント獲得を目指して奮闘したが、惜しくもあと一歩及ばず11位でレースを終えている。

 11番手グリッドからスタートしたレースで、彼は堅実なドライビングを見せ、AT03のポテンシャルを十分に引き出したと言えるが、最終スティントではソフトタイヤが最後までもたず、入賞圏内には手が届かなった。

【動画】今季最終戦を飾ったのはフェルスタッペン! 2位争いも最後まで白熱
 昨季は安定したドライビングと見事なオーバーテイクで上位を走り、あと一歩で表彰台という自己最高の4位フィニッシュを果たしたアブダビで、今季を象徴するようなレースで1年を締めくくることとなった角田だが、海外の多くのメディアはこのシーズン最後のレースを軒並み高く評価している。

 英国のF1専門サイト『CRASH』は10点満点の採点で「7」と高めの数字を角田に与えており、「アブダビでの角田は、アルファタウリのマシンの力を最大限に引き出した。再び、チームメイトのピエール・ガスリーよりも速く走り、ポイント圏内にわずかに届かない11位でフィニッシュした。日本人ドライバーにとって、立派な前進の締めくくりとなった」と記述。同国のモータースポーツ専門サイト『THE RACE』は「6」と採点は及第点止まりも、寸評は以下のようにポジティブなものとなった。

「予選ではQ3進出もあり得たが、シケインでのブレーキングのロックアップによって12番手。しかし、ガスリーに対して決定的なペースでのアドバンテージを有していた。決勝は第1スティントで11番手を維持してポイント圏内争いを展開したが、ランス・ストロール(アストンマーティン)のアンダーカットを許し、2度目のピットインでも1つ順位を落としたことで、ルイス・ハミルトン(メルセデス)らのリタイアがあったものの、11位フィニッシュ。とはいえ、結果以上にシーズンを締めくくる良いパフォーマンスだった」

 同じく英国のF1専門サイト『planetf1』は、「39周目にソフトタイヤに交換した後、アストンマーティンに接近したアルファタウリのドライバーは、セバスティアン・ヴェッテルの最後の輝きを台無しにする可能性もあったが、このコンパウンドで19周を走り切るのは難しく、終盤でのダニエル・リカルド(マクラーレン)やヴェッテルとのバトルからは遠ざかることとなった」として、採点は「6.5」を与えている。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング