専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

【スターダム】MIRAI&壮麗亜美が大江戸隊を粉砕!「優勝して後楽園ホールに帰ってきたい」と誓う

どら増田

2022.11.24

MIRAI(左)と壮麗亜美(右)のゴッズアイが大江戸隊を下した。(C)スターダム

MIRAI(左)と壮麗亜美(右)のゴッズアイが大江戸隊を下した。(C)スターダム

 11月23日、ブシロード傘下の女子プロレス団体スターダムは『第12回 ゴッデス・オブ・スターダム~タッグリーグ戦~』東京・後楽園ホール大会を開催した。

 メインイベントのブルーゴッデス公式リーグ戦では、MIRAI&壮麗亜美のゴッズアイと刀羅ナツコ&琉悪夏の大江戸隊が対戦。試合は、ゴッズアイが大江戸隊のラフ&パワー殺法に手を焼くが、最後はMIRAIがミラマーレで琉悪夏を捕獲。ギブアップ勝ちを奪っている。

 試合後、MIRAIは「亜美とMIRAI、タッグリーグまだ自分たち優勝残っています。しっかり優勝してここ後楽園ホールに帰ってきます。待っててください。じゃあ(ゴッズアイの)4人で締めたいので、上がって来てもらっていいですか?一言だけ、朱里、ともか、決勝で会いましょう!それでは最後に、自分に負けるな、限界を超えろ、ゴッズアイ、魂込めて、ロックオン!」と同門の朱里&稲葉ともかとの決勝対決を要求した。

 バックステージでMIRAIは「タッグリーグ2勝目することができました。星取表を見ているとまだまだ余裕のない状況なのは変わりませんが。きょう、後楽園ホールに来てくれたお客さんと約束したので、しっかり気持ちを引き締めてここからも勝って優勝して、ここ後楽園ホールに帰ってきたいと思います」と誓い、満足げな表情でこう語った。

「琉悪夏、何度やられても立ち上がる、あきらめない、しがみついてでも立ち上がる、そんなMIRAIをきょう堪能していただけたんじゃないでしょうか」
 
 続けて「刀羅ナツコ、自分の中で刀羅ナツコはJRAの競馬予想屋さんという印象しかなかったんですけど、全然違った。すごいすごいおもしろかったよ。シンデレラのMIRAIは競馬はまだちょっとわからないけど、刀羅ナツコのJRAの競馬予想、ちょっとだけ興味沸いたよ。魂込めて、信用してみようかな」とナツコには感じるものがあったようだ。

 壮麗は「何もないみたいなこと言ってたけど、きょうちゃんと私たちの怖さが分かったんじゃないかなと思います。そしてフューチャーのベルト、同じ大江戸隊の吏南に狙われてますけど、いつになるかわからないけど、吏南をしっかり打ちのめしてやります」とタッグだけじゃなくシングルでも存在感を見せていく。

◆スターダム◆
『第12回 ゴッデス・オブ・スターダム~タッグリーグ戦~』
2022年11月23日
東京・後楽園ホール
観衆 1081人
▼ブルーゴッデス公式リーグ戦(15分1本勝負)
○MIRAI&壮麗亜美【5点】(9分39秒 ミラマーレ)刀羅ナツコ&琉悪夏●【8点】

文●どら増田

【関連画像】「反則的な美しさ」スターダム中野たむの紅葉バックの“頬杖ショット”はこちら!

【関連画像】「誰だこの可愛い美少女は?」なつぽいが公開した大人っぽい“水着姿”はこちら!

【関連画像】「まさに妖精」なつぽいが公開した可憐な“デニムミニワンピ”姿はこちら!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング