専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

「ユヅはいつだって僕の憧れ」「彼は素晴らしいスケーター」直接対決となった羽生結弦とネイサン・チェン、SPを終えたお互いの印象は?

THE DIGEST編集部

2019.12.06

コンビネーションジャンプをこなせず、2位スタートとなった羽生。(C) Getty Images

コンビネーションジャンプをこなせず、2位スタートとなった羽生。(C) Getty Images

 12月5日、イタリアのトリノでグランプリ(GP)ファイナルが開幕。男子シングルのショートプログラム(SP)が行なわれ、3年ぶり5度目の優勝を目指す羽生結弦は、97・43点の2位でスタートを切った。...

 12月5日、イタリアのトリノでグランプリ(GP)ファイナルが開幕。男子シングルのショートプログラム(SP)が行なわれ、3年ぶり5度目の優勝を目指す羽生結弦は、97・43点の2位でスタートを切った。

 羽生は4回転サルコーとトリプルアクセルを成功させたものの、予定していた4回転-3回転トゥループのコンビネーションが単発となった。

 首位は、ネイサン・チェン(米国)が今季シーズンベストの110・38点を叩き出して絶好のスタートを切っている。

 試合後、3位のケビン・エイモズ(フランス)を含む羽生、チェンの3人は記者会見に臨んだ。海外の記者から羽生はチェンの印象について問われ、「彼は素晴らしいスケーター。(自分の出番の前に)彼のプログラムを観て、すごく楽しい気持ちになった」と語っている。

 また、チェンも羽生をこのように称えた。

「ユヅ(羽生)のことを、いつも追いかけている気持ちだ。本当に、常に素晴らしい人なんだ。ずっと尊敬している、憧れだった存在とこうやって一緒に氷の上に立って競技する機会を、ジュニアのころから夢見てきた。今、彼を目にすることができるのはとても素晴らしい気持ちになるし、会うことができるだけでも、クールなことだと思っている」

 SPを終えて首位チェンと羽生の点差は12・95点と、決して小さくない。しかし、羽生はモチベーションを失っていない様子だ。戦いの舞台となっているバラベラは、かつてトリノ五輪で憧れのエフゲニー・プルシェンコ氏が金メダルを獲得し、ジョニー・ウィア氏が「秋に寄せて」で滑った舞台でもある。

「自分にとって夢の舞台。僕はやっぱり強い相手と戦うのがすごい好き、だからこそ、ウィアー氏へのリスペクトも込めて、『秋に寄せて』で完璧に滑りたかった。とても悔しいです」

 そう自身の滑りを振り返った羽生がフリーで滑るのは、プルシェンコ氏のレジェンドプログラム『ニジンスキーに捧ぐ』のオマージュである『Origin』だ。巻き返しに燃えていないはずはない。

 男子フリーは7日に行なわれ、羽生は5番滑走、チェンは最終6番滑走となる。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】ジャンプの申し子、ネイサン・チェンが見せた圧巻のジャンプはこちら!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング