専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

「ネイサン・チェン以外は、彼に挑戦できない」米大手スポーツ局が首位スタートの羽生結弦を絶賛!

THE DIGEST編集部

2019.11.23

SPは貫禄の首位スタートを切った羽生。NHK杯で世界最高得点の新記録樹立はなるか。 (C) Getty Images

SPは貫禄の首位スタートを切った羽生。NHK杯で世界最高得点の新記録樹立はなるか。 (C) Getty Images

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦となるNHK杯が22日、札幌のセキスハイムアイスアリーナで開幕。12月にイタリア・トリノで行なわれるGPファイナル進出を狙う羽生結弦は、第1...
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦となるNHK杯が22日、札幌のセキスハイムアイスアリーナで開幕。12月にイタリア・トリノで行なわれるGPファイナル進出を狙う羽生結弦は、第11滑走で登場。109・34点で首位スタートを切った。

 羽生はSPはほぼノーミスでこなしながらも、自身が同カナダ杯で残した109・60点にわずかに届かない結果に、不満が残った様子だった。

 しかし、五輪を2度にわたって制覇した“王者”の風格は揺るぐことはない。

 米スポーツ専門チャンネル『NBC Sports』は、「ハニュウは彼自身のレコード(記録)を破ることには失敗したが、ほとんどミスのない演技を披露」と伝えている。
 
「チャンピオンは氷上で、彼に挑戦できるのはただ一人であることを、ネイサン・チェン(米国)以外のスケーターは挑戦できないことを再び証明した。オープニングの4回転サルコーでホームの観衆を興奮させ、4回転-3回転トゥループで軽やかに地上から離れた。出来栄え点(GOE)でもプログラムの多くで高い数字をたたき出した」

 羽生は、カナダ杯では322・59点を記録し、ネイサン・チェンの持つ世界最高得点(323.42点/世界選手権2019)に0・83点まで迫った。

 23日に行なわれるフリーでは10番目(20時50分ごろ)に登場することが決定している。日本で披露するフリープログラム『Origin』で、新記録樹立はなるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【厳選PHOTOギャラリー】日本のアイス・プリンス!羽生結弦のシニアデビューから現在までをプレイバック!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング