専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ゴルフ

原英莉花が「巨大ヘルニア」の手術成功で苦しい胸中を告白。摘出された「エイリアンのようなもの」の衝撃画像も

THE DIGEST編集部

2023.05.24

腰のヘルニア摘出手術が成功した原。現在はリハビリに専念している。(C)Getty Images

腰のヘルニア摘出手術が成功した原。現在はリハビリに専念している。(C)Getty Images

 女子プロゴルファーの原英莉花が公式インスタグラムを更新し、ずっと悩まれてきた腰のヘルニア摘出手術に臨み、無事成功していたことを報告した。

【PHOTO】日本が誇る”美女ゴルファー”原英莉花の厳選ショットで一挙紹介!

 ツアー欠場が続いていた原は5月17日のSNS投稿で、原因が腰痛であると明かしたうえで「ちょっとお休み続いちゃいそうです。2年半たくさん痛みと闘いましたが、来るところまで来てしまったようです」と綴り、入院先の病室で撮影された画像を公開していた。

 あれから1週間、心配するファンに向けて近況を伝えた格好だ。

 原は「お久しぶりです。欠場が続きご心配をおかけしているかと思います。先週の5月17日にシーズン中ですが、腰のヘルニア摘出手術を終えて無事成功しました事をご報告させていただきます」と書き出し、「先を考えたら決断できなかったであろう、急遽即決のオペでした。今はリハビリをして復帰を目指しています」と続けた。

 さらに、「手術しないでここまでやってこれたのは、今まで沢山の方が手を貸してくださったからです。その場その場で適切な判断をして戦ってきたと思っています」と説明。「腰の状態によって目標設定を変えては、色々なギャップに落ち込みながらも早く結果を残したい気持ちから、生き急いで悪化を招いていた気もします」と過酷な葛藤の日々を振り返った。

 加えて、「手術を選択することは正直怖かったですが、動けなくなってやっと決心することができました。痛み、痺れ、痙攣、質力の低下。毎日変わるコンディションに2年半もの間悩まされてきましたが、内視鏡での手術を受けてたったの18分で小指ほどの小さい傷で、こんなエイリアンみたいなものが取れました。こんな物と闘っていたとはなんとも不思議です」と記し、容器に収められたその“エイリアンみたいもの”の画像までアップロードしている。

 ツアー復帰に向けて気持ちは逸るものの、「悔しいですが今やるべき事はリハビリ。1日でも早い復帰を目指して日々ベストを尽くします」と力を込める。そして「また応援してくださる皆さんと一緒に素敵な景色が見れるように。一緒に戦える日を待っててくれたら嬉しいです」とファンに呼びかけた。

 最後に追伸として、「私は痛いのが大っ嫌いです」と断言。「痛みを抱えるヘルニア持ちの方達に手術がひとつ治療の選択肢として、届いてくれたらいいな。と思います。ちゃんと復活できたら改めて推したいです」と同じ痛みに悩む人びとへの言葉を添えた。
 
 いわゆる“エイリアン”については反響が大きかったようで、原はハッシュタグを付けて次のように追記している。

「#2枚目何?って思った?」
「#これがエイリアンです」
「#エイリアンと戦った日々」「
「#さよならエイリアン」
「#見せるの恥ずかしいけど」
「#巨大ヘルニアだったらしい」

 と、やや茶目っ気を交えた言い回しで長文の投稿を締めくくっている。

 復帰時期は明確にされていないが、一日も早いツアー復帰を祈るばかりだ。2023年シーズンは8試合にエントリーして2度の予選落ちはあったものの好調を維持。3月中旬の「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント」で3位タイに食い込むなど、メルセデスランキングは183.15ptで38位に付けている。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】原英莉花が公開した“エイリアンのようなもの”の実画像をチェック!(2枚目)

【画像】金田久美子、原英莉花、安田祐香、有村智恵、脇元華…日本女子ゴルフが誇る"美女ゴルファー"を厳選フォトで一挙紹介!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング