専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

お嬢様学校から銀行員、そしてプロレスラーに。才女・雪妃真矢はなぜリングを目指したのか?「何事も常に挑戦の思いで」

萩原孝弘

2022.03.04

 勢いは止まらない。4月8日に新木場でラム会長、山下りな、尾崎妹加と結成するユニット『RebelxEnemy』の自主興行への参加を発表すれば、5月20日にフリーランスサミット『NOMADS'』を新宿FACEで開催すると発表した。「続けて興行を計画している事はフリーランスとしての精力的な活動の証」と語る彼女は、まさにノンストップで走り続けているのだ。

 とくに「『NOMADS'』は「実行委員会方式で開催し、運営していく、フリーランスの、フリーランスによる、フリーランスのための大会。家を持たない同士として、野心を秘めるライバルとしてこの大会が交流の場になれば大きな意義がある。フリーの選手の引退試合や復帰戦、周年興行など場になる可能性を秘めていると思っている」と大きな野望を持ち、全く新しいチャレンジを世に示していく覚悟だ。

 いわゆるお嬢様学校から銀行員、そしてレスラーとなり、フリーとして憧れのDDTで戦った。さらには自主的に理想の大会も企画と、夢を追いかけることを止めない彼女の持つ最終的な羅針盤は、海の向こうへと向いている。

「海外で試合をする事はデビュー当時からの夢です。雪妃は若い選手では無いし、とても狭き門だとは聞いています。だけど諦めたくないんです!」

 そう言葉に力を込めた雪妃真矢の大航海は、どこまでも続いていく。

取材・文●萩原孝弘

【関連記事】消えない背中の傷に流血。なぜ、世羅りさは“女子未踏の領域”となるデスマッチを続けるのか?「耐えて、生き様をみせる」

【関連記事】「正直、メディアの力で負けている」彩羽匠がマーベラス復帰戦で“難敵”に激勝!スターダム参戦への覚悟を語る
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング