専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【球団別年俸ランキング|中日】チーム唯一の3億円プレーヤーは頼れる主砲。完全復活の大野雄は4年ぶりに大台復活

THE DIGEST編集部

2020.03.07

ビシエドはオフも日本で過ごし、納会にも参加するなど完全にチームに溶け込んでいる。写真:田中研治(THE DIGEST写真部)

ビシエドはオフも日本で過ごし、納会にも参加するなど完全にチームに溶け込んでいる。写真:田中研治(THE DIGEST写真部)

 誰もが憧れるプロ野球選手。それはプレーの華やかさはもちろん、「稼ぎ」もトップクラスだからだ。一流の選手ともなれば年俸は軽く1億円を超える。では、各球団の最高年俸選手は誰なのか? 今回は中日の年俸ランキングトップ20をお届けしよう。

<中日年俸ランキングTOP20>
1位 ビシエド(内野手)3億5000万円
2位 大島洋平(外野手)2億5000万円
3位 平田良介(外野手)1億8000万円
4位 アルモンテ(外野手)1億5000万円
5位 大野雄大(投手)1億3000万円
6位 大野奨太(捕手)1億円
7位 吉見一起(投手)9000万円
8位 福田永将(内野手)6500万円
9位 京田陽太(内野手)6400万円
10位 谷元圭介(投手)6000万円
11位 ロメロ(投手)6000万円
12位 R・マルティネス(投手)6000万円
13位 高橋周平(内野手)6000万円
14位 ゴンサレス(投手)5000万円
15位 又吉克樹(投手)4950万円
16位 山井大介(投手)4650万円
17位 柳裕也(投手)4500万円
18位 田島慎二(投手)4250万円
19位 岡田俊哉(投手)4200万円
20位 藤井淳志(外野手)4200万円
 
 かつては球界屈指の資金力を誇り、積極的にFA補強にも参戦していたが、落合博満前GMが断行した緊縮財政や長期低迷の影響もあり、今季の1億円プレーヤーは6人のみ。年俸総額は25億円前後とみられ、セ・リーグでは唯一30億円を下回るチームとなっている。

 チームで唯一3億円の大台を超えたビシエドは今季が3年契約の2年目。一昨年は首位打者、昨年は打率リーグ2位と、打線の中心としてチームに欠かせない存在だ。国内FA権を行使せずに残留した大島は前年から7000万円のアップ。ノーヒッターを達成して防御率のタイトルを獲得するなど華々しい復活劇を遂げた大野雄も同じく7000万円の昇給を勝ち取り、4年ぶりに1億円の大台に乗った。大野雄は今季中に国内FA権を取得する見込みで、去就も注目されるシーズンになりそうだ。逆に、18年に1億1000万円を得ていた田島は不振のため2年続けて大幅減俸となり、今季は4250万円。プロの世界の厳しさを感じさせる。

 注目と言えば、京田、高橋、柳という94年生まれの3人からも目が離せない。昨年は高橋がベストナインとゴールデン・グラブを獲得し、柳は初の2ケタ勝利をマーク、京田は守備で大きく貢献した。この3人が引き続き躍動し、来季1億円の大台に乗るようなことがあれば、チームの長い低迷にもピリオドが打たれるはずだ。

構成●THE DIGEST編集部

【沖縄キャンプPHOTO】中日ドラゴンズ|今季初実践となる紅白戦を実施!ドラフト4位ルーキーの郡司や3年目の山本がアピール!
NEXT
PAGE
【動画】中日・吉見が掲げるキャンプのテーマと課題

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング