専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【プロ野球ポジション別年俸ランキング|先発】巨人、ソフトバンク、楽天が上位を独占!菅野智之は歴代最高年俸の6億5000万円

THE DIGEST編集部

2020.03.10

菅野(左)が6億5000万円で球界トップ! 抑えから転向する松井(右)は9位にランクインした。写真:山崎賢人、金子拓弥(THE DIGEST写真部)

菅野(左)が6億5000万円で球界トップ! 抑えから転向する松井(右)は9位にランクインした。写真:山崎賢人、金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 プロ野球選手、それは過酷なトレーニングと心無い批判に体も心もすり減らし、一生分を10数年で稼ぐ過酷な職業だ。そのため、優れた選手は莫大な年俸を手にする。今回はポジション別の年俸ランキングを見てみよう。まずは先発投手だ。

<先発投手年俸ランキングTOP10>
1位 菅野智之(巨人)6億5000万円
2位 ムーア(ソフトバンク)3億8400万円
3位 サンチェス(巨人)3億4000万円
4位 バンデンハーク(ソフトバンク)3億円
   千賀滉大(ソフトバンク)3億円
   岸孝之(楽天)3億円
   則本昂大(楽天)3億円
8位 ジョンソン(広島)2億7000万円
9位 松井裕樹(楽天)2億5000万円
10位 アルバース(オリックス)2億4200万円
※年俸は推定。『SLUGGER』調べ。
 
 トップ10のうち8人を巨人、ソフトバンク、楽天の3球団が占めた。

 1位の菅野は、先発投手だけでなく球界全体でもトップ。かつ、2004~05年の佐々木主浩(当時・横浜)と並ぶ歴代最高年俸でもある。昨季は腰痛の影響で不完全燃焼に終わったが、春季キャンプではフォーム改良に挑戦するなど東京五輪を前に意気盛んだ。

 2位、3位には新外国人選手がランクイン。ムーアはメジャー通算54勝を誇る左腕で、13年にはレイズでチームトップの17勝を挙げている。サンチェスも昨季、韓国プロ野球のSKワイバーンズで17勝を挙げた期待の右腕だ。ムーアは1日の阪神戦に登板して1回を無失点に抑え、一方のサンチェスは2月24日の広島戦で1回5失点と炎上。それぞれ対照的なスタートとなったが、シーズンでは年俸に見合った活躍ができるのか注目だ。

 4位の千賀、9位の松井はともに前年比1億4000万円アップ。千賀は育成出身初のノーヒットノーランを達成し、初の奪三振王に輝くなど圧倒的な投球を見せた。昨年のセーブ王・松井は、今季は先発転向を明言。三振を量産するクローザーならではの投球スタイルから、先発投手としてどのような変化を遂げるか目が離せない。

 先発投手の出来はペナントレースの行方を大きく左右する。この10人は年俸相応の活躍を果たし、チームの順位を押し上げられるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング