専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【ロッテ野手陣の最新序列は?】外野は荻野の状態次第。内野各ポジションには不動のレギュラーたちが君臨

岩国誠

2020.03.19

経験豊富な鳥谷の加入で、内野の選手層は厚みを増した。写真:産経新聞社

経験豊富な鳥谷の加入で、内野の選手層は厚みを増した。写真:産経新聞社

 猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、ロッテの野手陣はどのような陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそうな選手を対象に、キャンプやオープン戦で見えてきた現時点での序列を整理する。

<記号の見方>
◎=不動のレギュラー、〇=有力レギュラー候補、△=バックアップ、★=将来のレギュラー、×=故障離脱中/開幕二軍濃厚

【捕手】
◎田村龍弘
○柿沼友哉
★佐藤都志也【NEW】
△細川亨

 昨年、正捕手・田村が故障離脱した中で台頭したのが育成出身の柿沼。今季ここまでの実戦でも、主にこの2人がスタメンマスクをかぶっているだけに、今年も投手によっての併用が予想される。ただ、柿沼が正捕手の牙城を脅かす存在には至っていないだけに、序列をつけるならば田村がトップとなる。

 3番手の最右翼は東洋大から入団したドラフト2位ルーキーの佐藤。走攻守三拍子揃ったプレーがセールスポイントだが、田村、柿沼と違い左打ちという点でも起用の幅が広がってくる。与えられたチャンスで結果を示すことができれば、一気に正捕手争いに食い込んでくるかもしれない。

【一塁手】
◎井上晴哉
★安田尚憲

 2月14日からはじまった実戦で4番起用が続く井上は、3月11日までの出場16試合中11試合で一塁スタメン。昨年、4番・一塁で開幕したものの、直後に極度の打撃不振で二軍再調整となった屈辱は忘れていない。今年こそは、との想いを胸に2020年シーズンへ着々と準備を進めている。同じく一塁で併用されていた安田は、まだ井上を脅かすまでには至っていないが、今後のアピール次第では井上が休養した場合の一塁スタメン起用が現実味を帯びてくる。
【二塁手】
◎中村奨吾
△福田光輝【NEW】
△西巻賢二【NEW】
×三木亮

 オープン戦終了までに、井上同様スタメン起用されている中村奨は、そのうち14試合で二塁を守っている。ここ数年の起用法を見ても、不動のレギュラーであることは間違いない。ただ、昨年はケガの影響も打撃からか振が長期化し、チーム成績に大きな影響を及ぼしてしまった。

 中村奨と二番手以降との間には大きな差があるが、オープン戦最後の中日3連戦で、ここへ来てルーキーの福田光が3本塁打を放って猛アピール。井口監督も「セカンド起用もあり得る」と、一気に序列を上げた。楽天からの新加入の西巻は、守備固めなどでアピールを続けている。

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング