専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【西武野手陣の最新序列は?】森や山川らが君臨し、レギュラー未確定のポジションは3つだけ。外野の左右とDHに入るのは?

中島大輔

2020.03.17

年間MVP&首位打者に輝いた森(写真)のバックアップには岡田や柘植が控えている。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

年間MVP&首位打者に輝いた森(写真)のバックアップには岡田や柘植が控えている。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、西武の野手陣はどのような陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそ...
 猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、西武の野手陣はどのような陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそうな選手を対象に、キャンプやオープン戦で見えてきた現時点での序列を整理する。

<記号の見方>
◎=不動のレギュラー、〇=有力レギュラー候補、△=バックアップ、★=将来のレギュラー、×=故障離脱中/開幕二軍濃厚

【捕手】
◎森友哉
△岡田雅利
△柘植世那【NEW】
△駒月仁人
★齊藤誠人
★牧野翔矢

 昨季128試合でマスクをかぶり、年間MVP&首位打者に輝いた森が不動のレギュラー。それでも、十亀が先発する際には岡田と組ませるなど、森の負担を少しでも軽減するための起用法もシーズントータルで考えると重要になってくる。ただし岡田は昨季、左ヒザと左指の手術を受けた影響から春季キャンプはB班スタートで、ルーキーの柘植にも1年目から出番が回ってきそうだ。まだ24歳と若い森が正捕手として君臨しているものの、選手層を厚くするためにも齊藤、牧野という若手を二軍で大きく育てていきたい。

【一塁手】
◎山川穂高
△メヒア
△呉念庭

 2年連続本塁打王の山川に迫る存在はいない。予備動作を少なくする打撃フォームに改造し、長打力を維持しながら確実性をどれだけ高めることができるか。アクシンデントがあった場合にも、元ホームランキングのメヒアが控える。大卒4年目の呉は持ち味の打撃でアピールしたい。

【二塁手】
◎外崎修汰
△山野辺翔
△水口大地

 昨季は、外野中心のユーティリティだった外崎が1年間二塁をほぼ守り切った。WARは森に次ぐリーグ2位と獅子奮迅の活躍を見せており、今季も二塁で起用される見込みだ。後方には、昨季二軍で12本塁打、OPS.817を記録した山野辺も控えており、山野辺をセカンド、外崎を外野に回すフレキシブルな起用法も可能になっている。俊足の水口は代走要員としても期待。
 
【三塁手】
◎中村剛也
△佐藤龍世
△スパンジェンバーグ【NEW】

 36歳になった昨季、キャリアハイの打率.286を残した中村には今季も大きな期待が寄せられる。シーズントータルで考えると、中村の負担を軽減しつつ、強いスウィングが持ち味で次期レギュラー候補の佐藤を、いかにうまく併用できるかもポイントだ。ユーティリティのスパンジェンバーグも控える。

【遊撃手】
◎源田壮亮
△森越祐人【NEW】
△永江恭平

 ルーキーイヤーの2017年から昨季途中までフルイニング出場を続けた源田は守備力はもちろん、三振の数を大きく減らすなど2番打者としても成長。今季はキャプテンとして一層の期待がかかる。阪神から加入したユーティリティの森越、源田と匹敵する守備力を備える永江がバックアップだ。
 
NEXT
PAGE
愛斗や鈴木ら若手が虎視眈々と外野の定位置を狙う

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング