専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【巨人野手陣の最新序列は?】パーラ、丸、亀井の外野に隙なし。「空いている」捕手と一塁で抜け出したのは…

THE DIGEST編集部

2020.03.18

新戦力のパーラは長打力こそやや物足りないが、右翼で見せる強肩は他球団にとって脅威となり得る。写真:滝川敏之

新戦力のパーラは長打力こそやや物足りないが、右翼で見せる強肩は他球団にとって脅威となり得る。写真:滝川敏之

 猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、巨人の野手陣はどのような陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそうな選手を対象に、キャンプやオープン戦で見えてきた現時点での序列を整理する。

<記号の見方>
◎=不動のレギュラー、〇=有力レギュラー候補、△=バックアップ、★=将来のレギュラー、×=故障離脱中/開幕二軍濃厚

【捕手】
〇大城卓三
△炭谷銀仁朗
△小林誠司

 一塁・二塁・左翼とともに、キャンプ前から原辰徳監督が「空いている」として挙げていたポジションが捕手。昨季までは守備に優れた小林が中心的に使われてきたが、指揮官はその打力に不満を漏らしてきた。オープン戦後半は一塁を兼ねる大城がスタメンマスクをかぶる場面が増え、3月14日の楽天戦では右翼席最上段に目の覚めるような一発を放った。経験に勝る小林、炭谷にはない持ち味を発揮したことで、ベテラン勢との三つ巴の争いから一歩抜け出している。

【一塁手】
○中島宏之
△亀井善行
△大城卓三
△北村拓己
△陽岱鋼

 阿部慎之助の引退もあり、レギュラー不在となっていた。キャンプ序盤の実戦は大城、中島、陽、北村が実戦で守ったが、抜け出したのは今年38歳のベテラン中島。移籍1年目の昨季は打率.148、1本塁打と自己最低の成績に落ち込んだが、大胆な打撃フォーム変更が奏功している。オープン戦を通じて打率3割超に3本塁打と結果を残し、レギュラー候補1番手に躍り出た。

【二塁手】
○吉川尚輝
△湯浅大
△山本泰寛
△北村拓己
△若林晃弘
×田中俊太

“ガラスの名手”吉川尚が年間を通して健康を維持できればレギュラー安泰のはず。ただ、キャンプで好調な打撃を見せていたが、オープン戦が進むにつれて精彩を欠くようになっていった。間隙を縫って高卒2年目の湯浅が猛追している。北村も一塁と並行して練習を進めており、今季も激しい競争が展開されそうだ。昨季ユーティリティとして出場機会を得た若林、田中俊も出番をうかがう。
 
【三塁手】
◎岡本和真
△湯浅大
△若林晃弘
△北村拓己

 主砲の岡本がどっかり座る。3月13日の楽天戦では、相手エースの則本昂大からバックスクリーン左への完璧な一発。バックアップ候補には湯浅や若林、北村が挙がるが、打撃3部門でのタイトル争いが義務付けられる主砲がスタメンから外れるようでは、連覇はおぼつかない。

【遊撃手】
◎坂本勇人
△山本泰寛
△湯浅大
△吉川尚輝

 主将・坂本が不動の地位を占める。自主トレとキャンプでは2度のインフルエンザを罹患し、背中の違和感も発症。調整の遅れが心配されたが、開幕延期により時間的な余裕が生まれた。有事の際には山本らが入るが、坂本は三塁の岡本と同様にチームに欠かせない絶対的存在だ。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング