専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【川口和久のセ・リーグ順位予想】佐々岡真司は「運がある男」。FA組残留の広島が2年ぶりの優勝だ

川口和久

2020.03.21

若手・ベテラン隔てなく調子の良い選手を起用する佐々岡監督の方針により、チームは活気づいている。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

若手・ベテラン隔てなく調子の良い選手を起用する佐々岡監督の方針により、チームは活気づいている。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降へ延期された。現時点で再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いな...
 3月20日に予定されていたプロ野球の開幕が、新型コロナウイルスの影響で4月10日以降へ延期された。現時点で再開の見通しは示されていないが、過去に例を見ない変則的なスケジュールになるのは間違いないだろう。そんな過酷なシーズンを、野球解説者たちはどう見ているのか。広島・巨人OBの川口和久氏に、今季の順位を予想してもらった。

【セ・リーグ順位予想】
1位 広島
2位 阪神
3位 巨人
4位 DeNA
5位 中日
6位 ヤクルト

 東京オリンピックの開催と新型コロナウイルスによる開幕の延期によって、今シーズンは過密日程になる可能性が非常に高い。6連戦が増え、ダブルヘッダーが入ってくるという話もある現状を踏まえれば、投手力の差がモノを言うシーズンになりそうだ。

 ヤクルトは投手力不足が積年の課題で、なおかつ今季は主砲のバレンティンが抜けた。打者有利の神宮球場で、いかに相手を抑えるかの目途が立っていない印象も受ける。高津臣吾新監督はいろいろと工夫しているようだが、上位に予想するのは難しい状況だ。

 また、中日も上位に推せる強い要素がない。投手陣は昨シーズンに復調した大野雄大を筆頭に、柳裕也や小笠原慎之介など先発の頭数は足りているし、中継ぎ陣もまずまず揃っている。ただ一方で、野手陣の層の薄さは気がかりだ。ファーストはビシエド、ショートは京田陽平、外野には大島洋平や平田良介といった具合に、中日はラインナップがほぼ読める。レギュラーを固定できるため安定した戦いはできるが、逆に言えば主力のケガ人が致命傷になりかねないのだ。今季の過密日程を考えると、なおさらそのリスクは軽視できない。
 
 この2チームと比較すると、4位以上に予想したDeNA、巨人、阪神、広島は力が拮抗している。

 DeNAは山崎康晃が守護神に君臨し、パットンやエスコバーといった中継ぎの駒も健在。先発も今永昇太、濱口遥大、石田健大ら良い左腕が並んでいる。打線も筒香嘉智(タンパベイ・レイズ)の代役に指名された佐野恵太や、新加入のオースティン、昨シーズンの本塁打王であるソトもいる。横浜スタジアムという球場の狭さもあり、打つことに関しても心配はないだろう。

 そのDeNAを4位にしたのは、中継ぎ陣にやや不安があるのと、直接対決で阪神に弱すぎるためだ。昨シーズンの阪神との対戦成績は、8勝1分16敗。力が拮抗しているだけに、直接対決の結果は順位に大きく響きかねない。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング