専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

メッツの主砲アロンゾが医師たちに感謝のビデオメッセージを投稿。ファンからは「デビッド・ライトの後継者」との声も

スラッガー編集部

2020.03.26

昨年53本塁打で新人記録を更新し、新人王を獲得したアロンゾ。その実力と人格を備えた振る舞いに早くも「ライトの後継者」との声も。(C)Getty Images

昨年53本塁打で新人記録を更新し、新人王を獲得したアロンゾ。その実力と人格を備えた振る舞いに早くも「ライトの後継者」との声も。(C)Getty Images

 3月25日、ニューヨーク・メッツのピート・アロンゾがツイッターに動画を投稿。ニュージャージー州の病院に勤務する医師たちへビデオメッセージを送った。  昨年新人最多記録となる53本塁打を放って新人...
 3月25日、ニューヨーク・メッツのピート・アロンゾがツイッターに動画を投稿。ニュージャージー州の病院に勤務する医師たちへビデオメッセージを送った。

 昨年新人最多記録となる53本塁打を放って新人王にも輝いたアロンゾは、医師一人ひとりの名前を呼びかけながら、「皆さんがこれまでに費やしたあらゆる時間と努力に、チームを代表して感謝を伝えたいと思います。僕たちの安全を守ってくれて、また、今後の感染阻止のために取り組み続けてくれて、本当にありがとう!」と感謝の言葉を送った。

 MLB.comの記事によると、このビデオメッセージは、新型コロナウイルスの感染拡大に最前線で対処する医師たちの尽力に報いたいと、アロンゾ自身が発案したものだという。
 
 新型コロナウイルスの感染拡大によってスプリング・トレーニングが中断してからも、アロンゾはファンのために精力的に活動している。先週もがんで余命数週間と診断された82歳のメッツファンの女性に対して、ビデオメッセージを送って激励したことが話題となった。

 まだメジャー2年目のアロンゾだが、こうした活動からメッツの前キャプテンであるデビッド・ライトになぞらえる声が続出している。ライトはメッツひと筋の現役生活でオールスターに7度も選出された三塁手。多発性硬化症を患う人々のために自らの名を冠した財団を設立したことでも知られる、実力と人格を備えたスーパースターだったライトが18年に引退した際は、多くのファンに惜しまれた。そのライトの正当な”後継者”の出現に、メッツファンの感激もひとしおのようだ。

構成●スラッガー編集部

【PHOTO】艶やかに球場を彩るMLBの「美女チアリーダーズ」!
 
NEXT
PAGE
【動画】アロンゾが医師たちに送った感謝のビデオメッセージはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング