専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【谷繁元信のパ・リーグ順位予想】過密日程になった分、やはり戦力層の厚いソフトバンクが有利。楽天は松井の先発転向がカギ

谷繁元信

2020.06.17

開幕が遅れたことで千賀に復帰の目処が立ったのは、ソフトバンクにとって心強い。写真:滝川敏之

開幕が遅れたことで千賀に復帰の目処が立ったのは、ソフトバンクにとって心強い。写真:滝川敏之

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、3月20日の開幕が延期になってから3か月。プロ野球の新シーズンが、ついに6月19日に幕を開ける。およそ5か月間で120試合を戦う未曾有の過密日程には、どんなドラマが待っているのか。横浜、中日で捕手として27年間にわたって活躍し、プロ野球記録の3021試合に出場した谷繁元信氏に、2020年シーズンの順位を改めて予想してもらった。

【谷繁氏のパ・リーグ順位予想】
1位 ソフトバンク
2位 楽天
3位 西武
4位 オリックス
5位 日本ハム
6位 ロッテ

 セ・リーグのところでも言いましたけど、過密日程になった分、選手層の厚いチームが有利だと思います。6連戦がずっと続いて、特にパ・リーグは同じ場所で同じ相手と対戦する。そう考えると、なおさら戦力が厚いチームが優位に戦えると思います。

 ソフトバンクはデスパイネとグラシアルが来日できない状況ですが、そこでも危機管理能力を発揮しているというか、バレンティンを獲得していた。それに、日本一にはなっていても2年連続2位で、そこの悔しさを選手たちは持っていると思う。千賀滉大が最初は間に合いませんが、本来は2~3ヵ月いなかったはずなのに6月開幕になったことである程度、復帰の目処が立っている。これだけでも大きいですよ。
 
 楽天は、松井裕樹の先発転向はあまりうまく回らないんじゃないかと思います。パワーピッチャーで、すべて全力で投げて抑えていくスタイルのピッチャーが先発になってスタミナを考えながら7割、8割で投げていって、ポイントで力を入れてとなった時にフォームを崩したりしないかとか。ただ、機能したら手強いですよね。新人の小深田大翔がショートで使えるなら、茂木栄五郎をサードでも起用できる。そこに鈴木大地も入って、厚みが出ました。彼もある程度の数字は必ず計算できるので、大きいと思います。

 西武は秋山翔吾の抜けた穴というのは大きいですよ。前の年に浅村栄斗(現楽天)も抜けて、それも大きいかなと思ったけど、あまり感じさせない攻撃力があった。でも、秋山の場合は守りも相当プラスがあったから、そこの穴が大きいんじゃないかと思います。投手陣もまだ不安がありますからね。
 

■■■プロ野球はDAZNで!「THE DIGEST」から申し込むと今だけDAZNが2か月無料に!キャンペーンは6月23日(火)まで!■■■

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング