専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【川口和久のセ・リーグ順位予想】広島の対抗はDeNA。中日はケガ人が出ると…

川口和久

2020.06.18

広島は大瀬良(写真)やジョンソンといった柱だけでなく、森下や床田なども力がある。投手層の厚みはセールスポイントだ。写真:滝川敏之

広島は大瀬良(写真)やジョンソンといった柱だけでなく、森下や床田なども力がある。投手層の厚みはセールスポイントだ。写真:滝川敏之

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、3月20日の開幕が延期になってから3か月。プロ野球の新シーズンが、ついに6月19日に幕を開ける。およそ5か月間で120試合を戦う未曾有の過密日程には、どん...
 新型コロナウイルスの感染拡大によって、3月20日の開幕が延期になってから3か月。プロ野球の新シーズンが、ついに6月19日に幕を開ける。およそ5か月間で120試合を戦う未曾有の過密日程には、どんなドラマが待っているのか。広島・巨人OBの川口和久氏に、2020年シーズンの順位を改めて予想してもらった。

【川口氏のセ・リーグ順位予想】
1位 広島
2位 DeNA
3位 阪神
4位 巨人
5位 中日
6位 ヤクルト

 120試合で行なう今季は、史上類を見ない過密日程。6連戦が続くため、投手力がものを言うシーズンになるだろう。

 とりわけ、出番が多くなるのが中継ぎで、リリーフ陣の3、4連投もありそうだ。そう考えると、先発ができるだけ長いイニングを投げて、リリーフ陣の負担を軽くする必要がある。投手陣がどれだけケガをせずに120試合を戦えるか。先発候補を中継ぎに回すチームも出てくるのではないか。

 広島を首位にした理由は、レベルの高い投手陣が揃っているからだ。ジョンソンは状態が上がってきたし、大瀬良大地、森下暢仁、床田寛樹、九里亜蓮、そして一昨年に好投した薮田和樹も戻ってきた。野村祐輔を含めて先発陣はハイレベルだ。

 また、中崎翔太のような調子が悪かったピッチャーも、新型コロナでの2、3か月の開幕延期によってきっちり調整してきている。不調のピッチャーが6月の開幕に照準を合わせられたのは大きい。
 
 2位は3月時の予想から変えて、DeNAを推す。このチームは特に、新戦力のオースティンに可能性を感じた。梶谷隆幸が1番を打ち、オースティン、ソト、佐野恵太、宮崎敏郎、ロペスという打線は、セ・リーグのなかで最も強力だろう。リリーフ陣にはやや不安があるが、パットンが帰ってきたし、エスコバー、三嶋一輝、国吉佑樹、そして山崎康晃という流れは計算できる。練習試合では結果が出ていないものの、ラミレス監督の采配力が高い点も2位に推せる理由のひとつだ。

 DeNAは本拠地スタートができて、5カード連続で関東で試合をする。そこでスタートダッシュを切れれば、グッとチーム状態は上がるはずだ。遠征先で合わない枕や合わないベッドで過ごすと、選手には想像以上にストレスと疲労が溜まる。この過密日程の中で自宅から通えるのはプラスアルファだ。
 

■■■プロ野球はDAZNで!「THE DIGEST」から申し込むと今だけDAZNが2か月無料に!キャンペーンは6月23日(火)まで!■■■

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング