専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【立浪和義のセ・リーグ順位予想】例年以上に開幕ダッシュが大事。ダークホースの中日はピッチャー次第?

立浪和義

2020.06.17

柳ら投手陣がいかに踏ん張れるかが、中日の浮沈の鍵を握りそうだ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

柳ら投手陣がいかに踏ん張れるかが、中日の浮沈の鍵を握りそうだ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、3月20日の開幕が延期になってから3か月。プロ野球の新シーズンが、ついに6月19日に幕を開ける。およそ5か月間で120試合を戦う未曾有の過密日程には、どんなドラマが待っているのか。通算487二塁打のプロ野球記録を保持し、昨年殿堂入りも果たした立浪和義氏に、2020年シーズンの順位を改めて予想してもらった。

【立浪氏のセ・リーグ順位予想】
1位 巨人
2位 DeNA
3位 広島
4位 中日
5位 阪神
6位 ヤクルト

 通常のシーズンと違って、試合数が少なくなり、連戦が多くなる。東京でずっと固まって試合があったりもする。順位予想は3月の時と同じですけど、いろんな環境が変わるので正直、読めないです。ピッチャーで中継ぎが強いところは有利だと思います。それに開幕ダッシュが大事になってくるので、それが一つ大きなカギになる。同じ場所で変化のない中で、しかも無観客試合でどういう力を出せるか。ファンの応援というのは選手の大きな力になるものなので。マツダスタジアムとか甲子園の独特の雰囲気も、全然変わってくると思います。

 交流戦やオールスター期間がないのも大きい。今までは夏場の6連戦がきつかったと思いますが、それまでに2回一息つけるところがあった。開幕までの時間が開いて選手は今、そこそこ元気だと思いますが、今後は連戦が続いて疲れも出るのではないでしょうか。
 
 トータルで選手層を見たら巨人が昨年は優勝しているチームですし、これは変わりない。DeNAは点を取られたら打線が取ってくれるのでいいですけど、後ろは絶対的ではない。広島は、ルーキーの森下暢仁の活躍次第では優勝まであると思うんですけど、あくまでオープン戦とはいえ13連敗していたのは心配ですよね。

 中日はピッチャー次第だと思うんですよね。今年も打線はいいので、そこそこ点は取れると思います。若いピッチャーも出始めていますけど、まだ完投できるわけではないですし。去年はようやく柳裕也がシーズンを乗り切って、小笠原慎之介や梅津晃大がどれぐらい頑張れるが、上位に行く大きなカギになると思います。
 

■■■プロ野球はDAZNで!「THE DIGEST」から申し込むと今だけDAZNが2か月無料に!キャンペーンは6月23日(火)まで!■■■

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング