専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【2020年タイトルホルダー大予想:セ・リーグ編】鈴木誠也の三冠王に立ちはだかる大きな壁とは?菅野と今永の最多勝争いに割って入るのは意外な伏兵の……

出野哲也

2020.06.19

16年ぶりの三冠王獲得に挑む鈴木。だが、それには超えるべきハードルがいくつもある。写真:金子拓弥(THE DIGEST編集部)

16年ぶりの三冠王獲得に挑む鈴木。だが、それには超えるべきハードルがいくつもある。写真:金子拓弥(THE DIGEST編集部)

 ついに6月19日、2020年のプロ野球が開幕する。120試合の短縮シーズンとなる今年は、例年以上に激しいタイトル争いが予想されるが、果たして栄光をつかみ取るのは誰なのか。本命・対抗・大穴の3つ...
 ついに6月19日、2020年のプロ野球が開幕する。120試合の短縮シーズンとなる今年は、例年以上に激しいタイトル争いが予想されるが、果たして栄光をつかみ取るのは誰なのか。本命・対抗・大穴の3つに分けて、タイトル獲得者を予想してみた。

●首位打者    
本命:鈴木誠也(広島)
対抗:坂本勇人(巨人)
大穴:西川龍馬(広島)

●本塁打王    
本命:ソト(DeNA)
対抗:村上宗隆(ヤクルト)
対抗:鈴木誠也(広島)

●打点王    
本命:岡本和真(巨人)
対抗:ビシエド(中日)
対抗:ソト(DeNA)

●盗塁王    
本命:山田哲人(ヤクルト)
対抗:近本光司(阪神)
大穴:塩見泰隆(ヤクルト)

 最大の見どころは、今や球界最強打者とも言われる鈴木誠也(広島)の三冠王への挑戦だ。昨季は首位打者を獲得し、周囲の期待も高まっているが、2004年の松中信彦(ソフトバンク)以来の快挙達成にはいくつかのハードルを超えなければならない。昨季は本塁打(28)と打点(87)がいずれもリーグ9位。特に打点は、鈴木のように選球眼が良く、しかも相手から勝負を避けられがちな打者は多くを稼ぎにくい。
 
 その意味では、昨年獲得した首位打者がいくらかハードルは低いかもしれない。鈴木以外では、16年の首位打者で、18年にも打率.345を記録した坂本も有力候補。鈴木自身が“打撃の天才”と評する西川もダークホースとして注目される。早打ちが特徴だったが、6月の練習試合ではじっくり選ぶ姿勢が目についた。選球眼の向上が打率向上につながるか注目したい。

 本塁打王争いでは、2年連続キングのソトが大本命。昨年10代選手の本塁打記録を塗り替えた村上の台頭も期待される。春のオープン戦の段階からホームランを量産していたオースティンも要注目だ。鈴木にとっても、彼らを押しのけて本塁打王になるのは容易なことではないだろう。

 岡本を打点王の最有力候補とした理由は、前を打つ坂本と丸佳浩の出塁率の高さ。岡本自身はそこまで多く四球を選ぶタイプでもないので、打点を多く稼ぐ可能性は高い。ビシエドは自身だけでなく、チームの打線全体が上り調子。2番にアルモンテを置く攻撃的オーダーが機能すれば、打点を稼ぐチャンスはぐっと増えそうだ。

 鈴木は昨季、リーグ4位の25盗塁(4位)で、盗塁王まで含めた四冠の可能性もなくはないが、本命とまでは言えない。連続盗塁成功記録保持者の山田、ルーキーでタイトルを獲得した近本のほか、イースタン・リーグ2位の23盗塁を決めた塩見も伏兵として面白い存在だ。
 

■■■プロ野球はDAZNで!「THE DIGEST」から申し込むと今だけDAZNが2か月無料に!キャンペーンは6月23日(火)まで!■■■

NEXT
PAGE
タイトル争いに加わりそうなルーキーは……

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング