専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【2020年タイトルホルダー大予想:パ・リーグ編】山川の3年連続ホームラン王に待ったをかけるのは?投手は山本、有原、則本らエースがしのぎを削る

出野哲也

2020.06.19

3年連続ホームラン王を狙う山川(左)に挑むのは、練習試合で絶好調の柳田(右)か。写真:徳原隆元

3年連続ホームラン王を狙う山川(左)に挑むのは、練習試合で絶好調の柳田(右)か。写真:徳原隆元

 ついに6月19日、2020年のプロ野球が開幕する。120試合の短縮シーズンとなる今年は、例年以上に激しいタイトル争いが予想されるが、果たして栄光をつかみ取るのは誰なのか。本命・対抗・大穴の3つ...
 ついに6月19日、2020年のプロ野球が開幕する。120試合の短縮シーズンとなる今年は、例年以上に激しいタイトル争いが予想されるが、果たして栄光をつかみ取るのは誰なのか。本命・対抗・大穴の3つに分け、タイトル獲得者を予想してみた。

●首位打者 
本命:近藤健介(日本ハム)
対抗:吉田正尚(オリックス)
対抗:森友哉(西武)

●本塁打王    
本命:山川穂高(西武)
対抗:柳田悠岐(ソフトバンク)
大穴:T-岡田(オリックス)

●打点王    
本命:浅村栄斗(楽天)
対抗:バレンティン(ソフトバンク)
対抗:中田翔(日本ハム)

●盗塁王    
本命:金子侑司(西武)
対抗:西川遥輝(日本ハム)
大穴:辰己涼介(楽天)

 日本プロ野球史上初の4割打者誕生か? と注目を集めているのが近藤。昨年はやや不振だったが、2017年には57試合の出場にとどまりながらも.413の高打率を残した。選球眼の良さも武器で、打率を大きく落とすことがないのも強み。開幕前の練習試合でも5割近く打っていて、短縮シーズンだからこその4割への期待は高まる。近藤の対抗馬一番手には、過去2年いずれも3割2分以上の高打率を残している吉田。もちろん、2年連続首位打者を目指す森も有力な候補だ。15年、18年と2度タイトルを獲得している柳田も復活を狙っていて、ハイレベルな争いになるのは間違いない。
 
 本塁打王は山川穂高(西武)の3年連続戴冠に期待がかかるが、柳田も練習試合で6本と絶好調。しかも今年はやたらとボールが飛んでいる印象があり、短縮シーズンではあっても自己記録の36本を超えても不思議はない。昨季33発を放ったブラッシュ(楽天)、メジャー通算282本塁打のジョーンズ(オリックス)ら外国人勢、および今季から日本人扱いとなり、両リーグでのタイトルを狙うバレンティンも無視できない存在だが、大穴にはT-岡田を挙げたい。6月12日の練習試合では、京セラドームの8階席付近に飛び込む推定160メートルの超特大弾。「大穴」とは言っても、10年にタイトルを獲得するなど実績は十分で、今季は復活に期待したい。

 打点王最有力候補とした浅村は、昨年の3番から4番に下がって走者を還す機会が増えそうだ。前を打つ予定の茂木栄五郎、鈴木大地、ブラッシュが高出塁率なのも好材料。その点、15~18年に4年連続出塁率1位の球界最強打者・柳田の後を打つバレンティンや、西川遥輝と近藤の後ろを打つ中田も同様だが、中田は自身の成績をもっと上げたいところだ。

 盗塁王は昨年のキング金子、復権を狙う西川、初のタイトルを狙う荻野貴司(ロッテ)が有力候補だが、ダークホースとして2年目の辰己を挙げたい。オープン戦では両リーグ最多の6盗塁を決めており、レギュラーを確保すれば面白い存在になるはずだ。
 

■■■プロ野球はDAZNで!「THE DIGEST」から申し込むと今だけDAZNが2か月無料に!キャンペーンは6月23日(火)まで!■■■

NEXT
PAGE
不動のエースに期待の若手が挑む投手部門

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング