専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

「いい球が来るのを待っていた」阪神ボーアが甲子園デビュー戦で豪快2ラン!巨人戦、今季初勝利の立役者に

THE DIGEST編集部

2020.07.09

甲子園デビュー戦で先制2ランを放ち、チームに勝利をもたらした阪神ボーア。写真:産経新聞社

甲子園デビュー戦で先制2ランを放ち、チームに勝利をもたらした阪神ボーア。写真:産経新聞社

阪神2-1巨人/7月9日/甲子園  阪神の新外国人、ジャスティン・ボーアが9日、甲子園で行なわれた巨人戦で2戦連発となる3号2ランを放ち、チームに大きな勝利をもたらした。  この日は、6回終了時点ま...
阪神2-1巨人/7月9日/甲子園

 阪神の新外国人、ジャスティン・ボーアが9日、甲子園で行なわれた巨人戦で2戦連発となる3号2ランを放ち、チームに大きな勝利をもたらした。

 この日は、6回終了時点まで両チーム得点の入らない白熱の投手戦となった。両チーム無失点で迎えた7回無死一塁の場面、ボーアは巨人左腕・メルセデスの浮いたスライダーを強振。打球は大きなアーチを描き、甲子園の一番深いセンター右の中段席へ。会心の当たりに左の主砲の“ファイヤボール”も飛び出した。

 阪神2点リードで迎えた9回は、抑えの藤川球児が1点を返されたものの、2対1で辛くも逃げ切り、開幕戦で3連敗を喫した巨人から今季初勝利を手にした。
 
 試合後、ヒーローインタビューに登場したボーアは「ガルシア投手だったり、ピッチャーがすごいいいピッチングをしていたので、勝てて良かったです」と満点の笑みでコメント。

 2ランを放った打席の心境については「相手がすごいいいボールを投げていたので、しっかりボールをよく見て、いい球が来るのを待っていた」と振り返り、最後は「チームもいいムードなので、これからもしっかり勝っていきたいと思います!」と次戦へ意気込みを語った。

 開幕18打席連続ノーヒットという不名誉な球団記録を樹立していたボーアだが、その後は徐々に調子が上向き、チームもこれに合わせるように白星を重ねている。“バースの再来”ではなく、ボーアはボーアとして、自らの仕事=長打を全うしてくれることを、首脳陣もファンも望んでいるはずだ。

構成●THE DIGEST編集部

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

NEXT
PAGE
【動画】これがボーアの真の姿!見事な2ランで巨人を粉砕!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング