専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

ダルビッシュの快投に韓国メディアも脱帽!「まるでビデオゲーム」「進化し続けている」

THE DIGEST編集部

2020.08.16

圧巻の投球を続けるダルビッシュを韓国メディアが絶賛した。(C)Getty Images

圧巻の投球を続けるダルビッシュを韓国メディアが絶賛した。(C)Getty Images

 今季すでに3勝と快投を続けているダルビッシュ有を、韓国メディアが絶賛している。

【PHOTO】“20年サイ・ヤング賞候補”ダルビッシュ有の厳選フォト!イケメンぶりやマエケンらとの絡みも!

 現地時間13日に行なわれたミルウォーキー・ブルワーズ戦に先発したダルビッシュは、6回終了までノーヒットノーランの圧巻のピッチングを披露。7回にソロホームランを献上したものの、安打も失点も1にとどめ、7回を投げて1安打1失点、今季初の2ケタとなる毎回の11奪三振の快投で3勝目を手にした。

 このピッチング内容に韓国メディア『スポーツソウル』も脱帽。「まるでビデオゲームで作った投手のようだ」と称賛し、7球種を操って打者を手玉に取った右腕を褒めちぎった。
 
 ダルビッシュはこの日、最速97.9マイル(156キロ)の4シーム、97.6マイル(156キロ)のシンカー、カッター、カーブ、ナックルカーブ、スライダー、スプリッターと、多彩な変化球を駆使してブルワーズ打線を制圧。同メディアはこのパフォーマンスを「球威で打者を圧倒しながらも、70マイル(112.7キロ)のカーブで緩急調節まで行った。予測不能な配球で、最高のシーズンを作っている」と評価し、さらに「ダルビッシュをナショナルリーグのサイ・ヤング賞候補に挙げていた米メディアの予想は、現実のものになろうとしている」とまでぶち上げている。

 シカゴ・カブスの主戦投手は、現時点で防御率、WHIP、K/BBなど、ほぼすべてのカテゴリーでトップクラスの成績を残している。「進化し続けている」という同メディアの言葉を借りるまでもなく、“過去最高のダルビッシュ“を見せていると言えるだろう。この好調を持続できれば、2013年に2位に終わったサイ・ヤング賞も視野に入ってくるはずだ。

構成●THE DIGEST編集部

参照元:『スポーツソウル』日本版
快投続くダルビッシュを韓国メディアが大絶賛!「テレビゲームで作ったような投手だ」

NEXT
PAGE
【動画】ダルビッシュが試合を支配!圧巻の11Kハイライト

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング