専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【今週のパ・リーグ展望】3位のロッテは2ゲーム差に迫るソフトバンクと対決! “リベンジ”を狙う男たちにも注目

SLUGGER編集部

2020.08.18

昨年の日本シリーズでMVPに輝いたグラシアル。停滞気味のソフトバンク打線の起爆剤になるだろうか。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

昨年の日本シリーズでMVPに輝いたグラシアル。停滞気味のソフトバンク打線の起爆剤になるだろうか。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

●ロッテ-ソフトバンク(ZOZOマリン)
18日(火)美馬学-千賀滉大
19日(水)小島和哉-笠谷
20日(木)岩下大輝-大竹耕太郎
21日(金)石川歩-東浜巨
22日(土)二木康太-二保旭
23日(日)中村稔弥-石川柊太

 開幕カード以来実に2ヵ月ぶりとなる対戦。ソフトバンクは前節で最下位オリックス相手に5勝1敗の横綱相撲、ロッテも日本ハムに4勝2敗と勝ち越しており、好調チーム同士の対決となる。3位ながら首位ソフトバンクに2ゲーム差のロッテは本拠地で一気に攻勢をかけたい。

 初戦先発予定の千賀は昨季のロッテ戦で防御率2.06、39.1回で奪49三振と好投。9月6日にはノーヒットノーランも達成し、その時以来の登板となる。ただ、ノーノー達成当時とは違い、現在は決して絶好調とは言えない。ロッテはリベンジの機会を手ぐすね引いて待っていたはずで、注目の一戦になることは間違いない。

 ロッテ打線は大砲レアードを腰痛で欠くが、主砲の井上晴哉が好調。また、不振を囲っていた正捕手の田村龍弘が前節で20打数6安打、うち4本が長打と調子を上げている。さらに、和田康士朗が17日の試合でプロ初ヒットを含む3安打3盗塁と波に乗っている。“甲斐キャノン”との対決も見どころになりそうだ。
 
 一方、ソフトバンク打線は柳田悠岐の大活躍が目立っているが、実は8月のチーム打率.228はリーグワースト、53得点はワースト2位と苦しんでいる。ファームでの調整を終え、一軍昇格が決まったグラシアルには起爆剤として期待がかかる。

●日本ハム-楽天(札幌ドーム)
18日(火)上沢直之-弓削隼人
19日(水)杉浦稔大-涌井秀章
20日(木)マルティネス-松井裕樹
21日(金)加藤貴之-則本昂大
22日(土)有原航平-塩見貴洋
23日(日)バーヘイゲン-福井優也

 前回の対戦(6月23日~28日)は楽天が4勝2敗。特に際立ったのが楽天打線の爆発ぶりで、6試合で43得点。27日には18対4で大勝した。札幌ドームに舞台を移して行われる今回の対決も、日本ハム投手陣が楽天打線をどう食い止めるかがまず焦点になるだろう。

 中でも期待したいのは杉浦だ。ここ3試合は20.1投球回で被安打わずか10、2失点と絶好調。前回登板は7日で休養万全で臨めるのも大きいはずだ。また、中継ぎの玉井大翔にも密かに注目したい。4対18と大敗した前出の6月27日の試合では0.2回4安打6失点と大炎上したが、そこから実に19試合連続無失点を続けている。本人とすれば、楽天相手に直接リベンジを果たしたい思いもあるはずだ。
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング