専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【12球団U-23充実度ランキング│7位:西武】野手の育成には定評も懸案の先発投手育成で苦戦

出野哲也

2020.09.06

飛躍が期待されていた今井だったが、まさかの大不振に陥り、現在はファームで調整中。写真:滝川敏之

飛躍が期待されていた今井だったが、まさかの大不振に陥り、現在はファームで調整中。写真:滝川敏之

 有望な若手選手をどれだけ多くそろえているかがチームの将来を左右する。今回は各球団のU-23、すなわち23歳以下の選手の充実度を、「一軍での活躍度」「個々の選手のポテンシャル」「選手層の厚さ」をそれぞれA~Dの4段階で評価した上で12球団を格付けし、カウントダウン形式で紹介していく(年齢は9月1日時点)。

埼玉西武ライオンズ:総合評価7位
活躍度:B ポテンシャル:B 選手層:B-

●主なU-23選手
平良海馬    投手    20歳
髙橋光成    投手    23歳
今井達也    投手    22歳
松本航    投手    23歳
鈴木将平    外野手    22歳
高木渉    外野手    20歳
渡邉勇太朗    投手    19歳
浜屋将太    投手    21歳
佐藤龍世    内野手    23歳
西川愛也    外野手    21歳
 
 一昨年、昨年とリーグ2連覇を達成した一方で、浅村栄斗(楽天)、菊池雄星(マリナーズ)、秋山翔吾(レッズ)と中心選手が続々とFAで退団。FAでの主力流出はもはや毎年の恒例に近く、常に新しい力の台頭が待たれる状態にある。

 伝統的に野手の育成に秀でたチームで、今季は4年目の鈴木が秋山の後継者候補として一軍に定着。ただ、一時3割を大きく超えていた打率が、9月2日時点では.215まで下降している。育成出身で、二軍では本塁打を量産していた高木も、スタメンでの最初の2試合で5安打を放ったが、故障ですぐ登録抹消となってしまった。とはいえ、2人とも20代前半でレギュラーを窺う位置にいるだけでも大したもの。こうした選手たちを次々に送り出している野手育成能力は依然として高い。

 山川穂高に続く大砲候補が愛斗をはじめ伸び悩み傾向なのは気になるところだが、ファームでは佐藤がパワーを発揮。本来は長距離砲タイプではないが、外﨑修汰のようにもともと中距離タイプだった選手の長打力が伸びた実績があるので、悲観する必要はないかもしれない。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング