専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【12球団U-23充実度ランキング│8位:巨人】岡本に続いて山下も本格開花すれば20年代の打線は安泰?

城ノ井道人

2020.09.06

新人王争いを演じるなど、高卒2年目で大活躍している戸郷。彼以外にも将来が楽しみな選手が少なくない。写真:田中研治

新人王争いを演じるなど、高卒2年目で大活躍している戸郷。彼以外にも将来が楽しみな選手が少なくない。写真:田中研治

 有望な若手選手をどれだけ多くそろえているかがチームの将来を左右する。今回は各球団のU-23、すなわち23歳以下の選手の充実度を、「一軍での活躍度」「個々の選手のポテンシャル」「選手層の厚さ」をそれぞれA~Dの4段階で評価した上で12球団を格付けし、カウントダウン形式で紹介していく(年齢は9月1日時点)。今年は高卒2年目の戸郷が大活躍しているジャイアンツだが、他の若手選手の状況はどうなっているだろうか。

●読売巨人軍:総合評価8位
活躍度:B- ポテンシャル:B 選手層:B-

●主なU-23選手
戸郷翔征    投手    20歳
山下航汰    外野手    19歳
太田龍    投手    21歳
直江大輔    投手    20歳
岸田行倫    捕手    23歳
大江竜聖    投手    21歳
髙橋優貴    投手    23歳
増田陸    内野手    20歳
湯浅大    内野手    20歳
堀岡隼人     投手    21歳
 
 岡本和真が6月30日に24歳の誕生日を迎え、U-23から「卒業」。今季は高卒2年目の戸郷が大ブレイク中で、岡本が評価対象に残っていれば活躍度の評価は「A」でもおかしくなかった。投手では他に戸郷と同期で先日一軍デビューを果たした直江やサイド転向で中継ぎに定着した大江、今季は左ヒジの故障に苦しんでいるが、昨年ルーキーで5勝を挙げた高橋優など一軍で戦力になっているU-23選手は少なくない。

 これに大きなプラスを加えそうなのが山下だ。昨季はイースタン・リーグ史上初の高卒新人での首位打者に輝き、今季は19歳での開幕一軍入りも期待されていた金の卵。5月に右手有鈎骨骨折で離脱してしまったが、将来は長打力の成長も期待でき、岡本のように本格開花すれば20年代の打線の軸は心配がなくなる。捕手の岸田も隠れた逸材だ。層の厚い捕手陣でかなり限られた出場機会で実力の片鱗を見せている。高校時代から鳴らした強打は本物で、他球団からレギュラーとして育てたいとの声も聞かれるようだ。

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング