専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【12球団U-23充実度ランキング│1位:広島】一軍で活躍中の森下、坂倉の他にも多彩なタレントが揃う

城ノ井道人

2020.09.09

持ち前の打撃センスが本格的に花開きつつある坂倉。球界屈指の攻撃型捕手となる日も遠くなさそうだ。写真:産経新聞社

持ち前の打撃センスが本格的に花開きつつある坂倉。球界屈指の攻撃型捕手となる日も遠くなさそうだ。写真:産経新聞社

 有望な若手選手をどれだけ多くそろえているかがチームの将来を左右する。今回は各球団のU-23、すなわち23歳以下の選手の充実度を、「一軍での活躍度」「個々の選手のポテンシャル」「選手層の厚さ」をそれぞれA~Dの4段階で評価した上で12球団を格付けし、カウントダウン形式で紹介していく(年齢は9月1日時点)。新旧交代の時期を迎え、今季は下位に低迷する広島だが、一方で投打に期待の若手が台頭し、チームの未来は明るい。

●広島東洋カープ:総合評価1位
活躍度:B+ ポテンシャル:A 選手層:A

●主なU-23選手
森下暢仁    投手    23歳
坂倉将吾    捕手    22歳
小園海斗    内野手    20歳
遠藤淳志    投手    21歳
中村奨成    捕手    21歳
塹江敦哉    投手    23歳
林晃汰    内野手    19歳
島内颯太郎    投手    23歳
羽月隆太郎    内野手    20歳
田中法彦    投手    20歳
 
 世代交代の時期を迎え、一軍は下位に低迷しているが、U-23の充実ぶりを見れば将来は楽しみ一言。新人王へ驀進中の森下の活躍が注目を集めているが、高卒3年目の遠藤も先発ローテーションに定着して巨人戦で完投勝利を挙げるなど着実に成長。塹江はブルペンに欠かせない戦力となった。

 何よりも胸が躍るのが坂倉の活躍だ。昨オフに會澤翼が3年契約で残留したことでブレイクの時期が遅れると見られていたが、今季は2番手捕手に定着。OPS.900以上と持ち前の強打が開花し、いずれは森友哉(西武)のような超攻撃型捕手として君臨しそうな気配を漂わせている。

 一方、昨季後半戦に正遊撃手として出場していた小園は、今季は二軍でも苦戦。私生活で雑音があるとの噂も聞くが、7月にドラフト同期で育成出身の大盛穂、7位指名から這い上がった羽月が一軍デビューを飾っており、同期のライバルに負けてはいられない。ポテンシャルの評価は森下、坂倉、小園の3人をオールスター級と見込んでのものだけに復調を期待したい。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング