専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【2020ドラフト候補ランキング最終版:1~10位】早大・早川、近大・佐藤を抑えてプロ志望を表明した高橋が1位に

西尾典文

2020.10.23

早川(左)は即戦力度、佐藤(右)は驚異的なパワー、そして高橋(中)はスケールの大きさがそれぞれ評価を集めている。写真:大友良行、徳原隆元、山手琢也

早川(左)は即戦力度、佐藤(右)は驚異的なパワー、そして高橋(中)はスケールの大きさがそれぞれ評価を集めている。写真:大友良行、徳原隆元、山手琢也

 10月12日に高校生・大学生のプロ志望届が締め切られたが、大学進学が有力視されていた高橋宏斗(中京大中京高)に続いて、トミー・ジョン手術を受けた山崎伊織(東海大)もプロ入りを表明。また、大学生は秋季リーグ、社会人は都市対抗予選で最後のアピールを繰り広げている。それらの動きも反映しながら、2020年ドラフト候補ランキングの最終版をまとめた。

 毎年のことではあるが、1位抽選を外した球団やウェーバー順によって指名順位は大きく変動する。”生き物”でもあるドラフト会議を楽しむ上で、ぜひこのランキングを参考にしてもらいたい。

【表】ドラフト候補ランキング1~50位一覧

▼1位:高橋宏斗[投手・中京大中京高](前回順位:1位)
(たかはし・ひろと/右投右打)
将来像:菅野智之(巨人)
 昨年秋から一貫して大学進学希望と言われていたが、最終的にはプロ志望に転じることとなった。現在の実力を考えると大学での4年間は長すぎる印象が強かっただけに、結果としてはプラスとなったのではないだろうか。この1年の成長は見事という他なく、まだまだスケールアップしそうな雰囲気がある。完成度の高さも高校生としては申し分ない。将来性も加味して前回と変わらず1位とした。
タイプ診断:#本格派 #スター候補 #急成長
 
▼2位:伊藤大海[投手・苫小牧駒沢大](前回順位:2位)
(いとう・ひろみ/右投右打/駒大苫小牧高)
将来像:津田恒実(元広島)
 一番人気は早川になることが予想されるが、最終シーズンのピッチング、ここまでの安定感、先発もリリーフもできる汎用性などトータルして考えるとわずかに伊藤が上と判断した。大学2年で鮮烈な全国デビューを果たし、そこからここまで安定して高いパフォーマンスを見せ、最終学年で更にレベルアップしたというのは見事という他ない。リリーフで勝負すれば、一年目からリーグを代表する投手になる可能性も十分だ。
タイプ診断:#リリーフタイプ #火の玉ストレート #地方リーグ

▼3位:早川隆久[投手・早稲田大](前回順位:3位)
(はやかわ・たかひさ/左投左打/木更津総合高)
将来像:和田毅(ソフトバンク)
 最終学年での飛躍で一気にドラフトの目玉となった。8月に行われた春のリーグ戦、現在行われている秋のリーグ戦での成績は抜群で、小宮山悟監督もそのピッチングを絶賛している。出所の見えないフォーム、スピード、コントロール、いずれも一級品だ。不安なのは春先に不調を訴えた肘の状態と、この投球を長く続けられるかどうか。コンディションさえ維持できれば、一年目から先発ローテーションの一角として期待できるだろう。
タイプ診断:#本格派左腕 #先発タイプ
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング