専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【2020ドラフト展望:ソフトバンク】松田、内川の後を継ぐ主軸打者候補の獲得が必要不可欠

出野哲也

2020.10.22

"柳田二世"と呼び声高い佐藤がホークス入団となれば理想のシナリオだが…。写真:大友良行

 いよいよ26日に迫った2020年ドラフト会議。各チームの育成状況や弱点を踏まえた上で、「誰を指名するか」ではなく「誰を指名するべきか」という観点からドラフトを展望する。分厚い選手層を誇るソフトバンクだが、弱点がないわけではない。どのようにその弱点を埋めていくのか注目される。

【2020年ドラフトのテーマ】
・即戦力に近い強打の野手獲得
・リリーフ投手の補充も必要


 2017年から3年連続日本一という実績だけを見れば、穴などないように思える。だが、過去2年はリーグ優勝を逃しており、細かく見ていくと徐々に綻びが見えつつあるのも事実だ。

 特にここ数年、課題となっているのは内川聖一や松田宣浩の衰えが進み、彼らに取って代わる選手がなかなか出てこない点だ。今季は栗原陵矢や周東佑京の成長はあったものの、上林誠知や牧原大成は頭打ち。昨年、ドラフト外れ1位で佐藤直樹を指名したのも、野手強化が最重要事項だとの認識によるものだが、その佐藤は二軍でも打率2割そこそこと苦戦中なので、今年も即戦力に近い野手の指名に動くと思われる。
 
 第一候補は、柳田悠岐二世との呼び声が高い佐藤輝明(近畿大)。三塁を守れるので松田の後継者としてもうってつけだが、まだ全体的に粗く即戦力となり得るかは疑問もある。来季すぐ使える選手が欲しいなら、牧秀悟(中央大)の方がいい。こちらも三塁を守れるし、来季以降、周東が伸び悩んだ場合には本職の二塁で起用することもできる。

 ただし佐藤は複数球団の入札が濃厚で、くじを外した際には牧も指名済みという危険性はある。その場合は方向転換し、地元の好投手・山下舜平太(福岡大大濠高)を狙いたい。若い投手を育てるのは上手な球団なので、数年後に千賀滉大の後継エースとして期待できる。

 同じ理由で、トミー・ジョン手術でリハビリ中の山崎伊織(東海大)を、復帰を見越して指名しても面白い。本来であれば競合レベルの投手であり、他球団では1位指名は及び腰になるかもしれないが、三軍制を敷くホークスならじっくり回復を待つ余裕はある。1位で山下ないし山崎を獲得した場合、2位では野手の指名が必須なので、スケールの大きい来田涼斗(明石商高)、小深田大地(履正社高)らを狙いたい。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング