専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【ドラフト候補タイプ別診断:スピードスター】プロ野球史上でも屈指の俊足を誇る五十幡は1年目から盗塁王も

西尾典文

2020.10.23

ただ足が速いだけでなく、走塁技術でも成長を続ける五十幡。機動力不足に悩むチームにとってはぴったりの逸材だ。写真:滝川敏之

ただ足が速いだけでなく、走塁技術でも成長を続ける五十幡。機動力不足に悩むチームにとってはぴったりの逸材だ。写真:滝川敏之

 いよいよ26日に迫ったプロ野球のドラフト会議。ここでは、テーマ別に有力候補を紹介していきたい。今回のキーワードは『スピードスター』だ。

 昨年のこのテーマで取り上げた選手では小深田大翔(大阪ガス→楽天1位)、森敬斗(桐蔭学園高→DeNA1位)、宇草孔基(法政大→広島2位)、川野涼多(九州学院高→西武4位)と4人の選手が指名された。いずれも、足以外の特徴も備えている選手たちだが、周東佑京(ソフトバンク)や和田康士朗(ロッテ)の活躍もあって、最近はスピードのある選手の需要がこれまで以上に高まっているように感じる。

 そして今年、スピードスターの筆頭候補に挙げられるのが五十幡亮汰(中央大)だ。「今年」と書いたが、大袈裟ではなくプロ野球の歴史の中でもナンバーワンの脚力と言っても過言ではないだろう。中学時代に陸上の全国大会で100m、200mの二冠に輝いたことは有名な話だが、高校、大学とステップアップしていく中で着実に“野球仕様”の走りに改良されてきている。
 
 秋季リーグの開幕戦で2つの盗塁を決めた際のタイムは3.07秒と3.10秒。かつて阪神で5年連続盗塁王に輝いた赤星憲広(元阪神)が3.2秒台と言われており、いかに五十幡の数字が並外れたものか分かるだろう。昨年の大学日本代表候補合宿で放ったスリーベースの三塁到達では10.58秒をマークしているが、これは周東が大学4年時に記録した10.98秒を大きく上回っている。ちなみに三塁到達タイムで11秒を切るのはアマチュア野球でも年に1、2回程度である。

 直線の速さだけでなく盗塁のスタート、ベースランニングの技術も挙がっている証拠と言えるだろう。あまり報道されないが肩の強さも一級品で、打撃も年々レベルアップしている。1年目から一軍の戦力になることは間違いなく、出場機会さえ与えられれば盗塁王の可能性もあるだろう。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング