専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【2020ドラフト総括:巨人】リスク覚悟でスケールの大きな選手を数多く指名する好感度◎ドラフト

西尾典文

2020.10.30

佐藤の指名外しからの路線変更は大正解。来季ではなく数年後に楽しみな選手が多数。写真:大友良行

佐藤の指名外しからの路線変更は大正解。来季ではなく数年後に楽しみな選手が多数。写真:大友良行

 今年も大いに盛り上がったドラフト会議。果たして各チームは狙い通りの指名ができたのだろうか? 事前のチーム状況を改めて整理しながら、巨人のドラフトを振り返ってみよう。

【指名選手】
1位 平内龍太(投手/亜細亜大)
2位 山崎伊織(投手/東海大)
3位 中山礼都(内野手/中京大中京高)
4位 伊藤優輔(投手/三菱パワー)
5位 秋広優人(内野手/二松学舎大付高)
6位 山本一輝(投手/中京大)
7位 萩原哲(捕手/創価大)

【育成】
1位 岡本大翔(内野手/米子東高)
2位 喜多隆介(捕手/京都先端科学大)
3位 笠島尚樹(投手/敦賀気比高)
4位 木下幹也(投手/横浜高)
5位 前田研輝(捕手/駒澤大)
6位 坂本勇人(捕手/唐津商業高)
7位 戸田懐生(投手/四国IL(徳島)
8位 阿部剣友(投手/札幌大谷高)
9位 奈良木陸(投手/筑波大)
10位 山崎友輔(投手/福山大)
11位 保科広一(外野手/創価大)
12位 加藤廉(内野手/東海大海洋学部)
 
 佐藤輝明の競合に敗れたが、そこから方針転換して平内、山崎伊という大学生右腕2人を1、2位で指名。事前の展望では、将来のエース候補となるスケールの大きい投手を最大の課題として挙げていたが、その意味ではこの決断は評価できる。

 不安要素としては、両者ともに故障を抱えてのプロ入りという点だ。平内は下級生の頃から怪我に苦しみ、今年3月に右ヒジのクリーニング手術を受けている。現在は復帰して秋のリーグ戦でも結果を残しているが、大事を取ってベンチを外れる週もあり、回復途上というのが現状だ。

 一方、山崎は6月にトミー・ジョン手術を受けており、来年はリハビリに費やすこととなる。昨年1位で指名した堀田賢慎も入団直後に同じ手術を受けているだけに、この指名はかなりの勇気がいったことは間違いないだろう。最悪の場合、堀田も含めて上位指名の3人が戦力にならないという危険性もあるが、平内と山崎のポテンシャルの高さは今年の大学生でも屈指である。菅野智之の後釜という難題に立ち向かうために、リスクを覚悟でスケールの大きさに賭けたという点は評価できるのではないだろうか。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング