専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

2020年日本シリーズはソフトバンクがまず1勝!栗原が3打数3安打4打点の大活躍

SLUGGER編集部

2020.11.21

千賀(左)と栗原(右)がそれぞれ活躍し、まずソフトバンクが先手を取った。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)

千賀(左)と栗原(右)がそれぞれ活躍し、まずソフトバンクが先手を取った。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)

 巨人対ソフトバンクの日本シリーズが21日に開幕。第1戦はソフトバンクが5対1で先勝した。

 完勝を収めたソフトバンクで特に躍動したのは、5番ライトで日本シリーズ初スタメンとなった栗原陵矢。2回に巨人のエース・菅野智之から右中間スタンドへ先制2ランを放り込み、さらに6回には2死一、三塁の場面で左中間深くへダメ押しの2点タイムリー二塁打。3打数3安打、計4打点を一人で叩き出した。
 
 また、先発の千賀滉大も、剛速球とフォークが冴えて7回無失点と完璧なピッチング。ピンチは4回に坂本勇人と岡本和真に与えた2者連続フォアボールによる無死一、二塁くらいで、この時も丸佳浩と亀井善行をショートゴロに打ち取って切り抜けた。

 その後は無敵の勝利の方程式で逃げ切りを図ったソフトバンクは、まず8回はモイネロが1四球を与えたものの、それ以外は3つのアウトをすべて三振で取って無失点で切り抜ける。9回はクローザーの森唯斗が1死満塁のピンチを招き、ウィーラーの犠牲フライで1点を失うも、最後は田中俊太をピッチャーゴロに打ち取って試合終了。まずはソフトバンクが第1戦を制し、18年から続く日本シリーズ9連勝の新記録を打ち立てた。

構成●SLUGGER編集部
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング