専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

ヤクルト新助っ人サンタナは「パワー◎、出塁〇、三振×、守備×」。シーズン30本塁打の怪力と壊滅的な守備が”魅力”の長距離砲

SLUGGER編集部

2020.12.03

ヤクルト合意と報じられたサンタナ。昨年はマリナーズの一員として来日し、特大満塁ホームランを放っている。(C)Getty Images

ヤクルト合意と報じられたサンタナ。昨年はマリナーズの一員として来日し、特大満塁ホームランを放っている。(C)Getty Images

 今オフ、積極的な補強を進めるヤクルトに新たな”大物”が加わりそうだ。

 クリーブランド・インディアンスからFAとなっていたメジャー通算77本塁打の外野手、ドミンゴ・サンタナがヤクルト契約合意したと、MLB.comの敏腕記者ジョン・モロシ氏が自身のツイッターで報じた。

 モロシ氏は「関係者によれば、ドミンゴ・サンタナがNPBのヤクルトスワローズと契約合意した。今季はインディアンスで24試合に出場し、2019年には(シアトル・)マリナーズで21本塁打を放った」と投稿し、ヤクルトの新助っ人を紹介している。

 モロシ氏が言うように、サンタナの最大の売りはパワーだ。ミルウォーキー・ブルワーズに所属していた2017年には30本塁打を記録しており、ここ数年のNPB輸入選手の中でも随一の長距離砲といっていい。この年の30発のうち23本はセンターから右に打ったもので、逆方向に飛ばせる能力を備える。決して飛距離が抜群ではないけれども、狭い神宮球場にフィットする存在だ。
 
 一方でご想像の通り、打撃は相当に粗い。三振率は毎年のように30%を超えるため、その点は目をつむってあげる必要があるだろう。ただ、選球眼は悪くないので、出塁能力には期待できるかもしれない。

 サンタナの最大の課題は守備だ。守備指標DRS(平均的な選手と比較してどれだけ失点を防いだか)は、ライトでもレフトでも常にマイナスかつリーグワースト級。2019年には外野手148人中(300イニング以上)でワースト3位の-16を記録したほど。ちなみに、この年はスローイングした際に右ヒジを負傷するという、悲しい出来事もあった。

「パワー◎、出塁〇、三振×、守備×」と助っ人といえば、やはりバレンティンが一番近いだろう。もっとも、”ココ”のように能力を最大限発揮してくれれば、マイナス面を気にする必要もないだろうが、サンタナはどうだろうか。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTO】キュートな笑顔満載!東京ヤクルトスワローズ・ダンスチーム「Passion」を特集!
NEXT
PAGE
【動画】年間30発のパワーを見よ! ヤクルト合意報道のサンタナのHR集!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング