専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

常勝軍団のリーダーがまさかの衰え、ネット上で巻き起こった“川崎祭”…最もガッカリだったFA選手ランキング

SLUGGER編集部

2020.12.10

ヤクルト時代は4度の2ケタ勝利、93年は日本シリーズMVPも受賞と大車輪の活躍だった川崎(写真左)も、中日では故障のためほとんどプレーできなかった。写真:産経新聞社

ヤクルト時代は4度の2ケタ勝利、93年は日本シリーズMVPも受賞と大車輪の活躍だった川崎(写真左)も、中日では故障のためほとんどプレーできなかった。写真:産経新聞社

 FA選手の獲得は、まさにオフの補強の“目玉”。それだけに選手にかかる期待は大きいが、必ずしも期待に応えられる者ばかりではない。ここでは、移籍後にファンをガッカリさせた5人のFA選手を、独断と偏見でランク付けしてみた。

▼5位 石毛宏典
1994年オフ 西武→ダイエー(2億円)
 1980年代の西武黄金時代を引っ張ったチームリーダー。20本塁打20盗塁を3度達成し、遊撃と三塁でゴールデングラブを計10度受賞するなど走攻守三拍子そろった万能選手で、86年にはMVPにも輝いた。94年は打率.266、11本塁打とやや精彩を欠き、球団から監督就任を打診されるも、「まだ現役でやれる」と固辞してダイエーへFA移籍。だが、西武時代は一度も規定打席を割ったことがなかった男が、95年は52試合で打率.200、1本塁打と信じられない不振。2年目はわずか18試合の出場に終わり、その年限りで現役を引退した。
 
▼4位 山沖之彦
1994年オフ オリックス→阪神(7000万円)
 191センチの長身から投げ下ろす速球とフォークを武器に、80年代の阪急で左腕の星野伸之と対を成す右のエースとして君臨。87年には19勝で最多勝のタイトルも獲得している。だが、91年に就任した土井正三監督と対立して出番が減少し、これを不服としてFA宣言した。ヤクルトとの争奪戦の末に、当時は暗黒時代真っ只中だった阪神が獲得したが、右肩の故障で95年は1試合も一軍で登板できず。そのまま自由契約になってしまった。現在まで、FA移籍した球団で1試合も出場できなかったのは山沖ただ一人である。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング