専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【セ・リーグ編】実力と球団事情から“ドライチ新人”の「2021シーズン」を占う!〈SLUGGER〉

西尾典文

2021.02.02

阪神ドラフト1位の佐藤輝明。春季キャンプでは初日から柵越えを連発している。写真:産経新聞社

阪神ドラフト1位の佐藤輝明。春季キャンプでは初日から柵越えを連発している。写真:産経新聞社

 いよいよキャンプインした今年のプロ野球。各球団新戦力が話題となるが、大きな注目を集めるのはやはりドラフト1位で入団したルーキーだ。しかし昨年はアマチュア野球の全国大会が軒並み中止になり、例年以上にプロ入り前の情報が少ないのではないだろうか。そこで各球団の“ドライチ”のルーキーイヤーについて特徴にふれながら個別に展望してみたいと思う。今回はセ・リーグの6人だ。

巨人:平内龍太(投手・神戸国際大付属高→亜細亜大)

 阪神1位の佐藤輝明を外して指名したのが大型右腕の平内だ。高校時代から甲子園出場こそなかったもののプロ注目の投手で、3年時には145キロを超えるスピードをマークしている。しかし大学では度重なる故障に苦しみ、本格化してきたのは4年春に右肘の手術を受けてからだ。リリーフではコンスタントに150キロを超えるものの、先発では140キロ台前半程度で、スタミナ面にはまだまだ不安が残る。先発として大きく育てるのであれば1年目はまず二軍で徐々にイニングを伸ばしていくような起用が妥当だろう。2年目か3年目に一軍ローテーション入りを目指したい。

阪神:佐藤輝明(外野手・仁川学院高→近畿大)

 4球団競合と野手で最大の目玉となったのがこの佐藤だ。日本人離れした体格とパワーを誇り、コロナ禍の影響で1シーズン少なかったにもかかわらず関西学生リーグ記録を更新する通算14本塁打を放った。キャンプでは初日から柵越えを連発して大きな期待を集めているが、即戦力として考えるのは早計だ。縦の変化球への対応力はまだまだで、内の速いストレートに差し込まれることも多い。プロの一軍レベル相手では三振を量産する可能性が高いだろう。首脳陣もファンも1年目から結果を求めるのではなく、3年目にレギュラー獲得くらいのスパンで考えるのが妥当だ。
 
中日:高橋宏斗(投手・中京大中京高)

 高校ナンバーワンの実力を誇る本格派右腕。2年秋に明治神宮大会で優勝した時も安定していたが、最終学年でさらにスケールアップを果たした。ストレートはコンスタントに150キロを超え、両サイドを突くコントロールと鋭く変化するスライダー、フォークなどの変化球も高レベル。終盤に球威の落ちないスタミナも見事だ。高校生だけにまずは二軍でのトレーニングからスタートとなるが、完成度の高さも申し分ないだけに早期のデビューも十分に考えられる。場合によっては後半戦の一軍ローテーション入りも十分に考えられるだろう。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング