専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【ドラフト候補ランキングベスト50:1~10位】佐々木、奥川、森下の“ビッグ3”が順当に1~3位。大学生捕手が2人トップ10入り

2019.10.11

プロ野球史上最高の投手になる可能性も秘める佐々木。まだ粗削りな部分も残っているが、底知れぬ潜在能力が大きな魅力だ。 写真:日刊スポーツ/朝日新聞社

プロ野球史上最高の投手になる可能性も秘める佐々木。まだ粗削りな部分も残っているが、底知れぬ潜在能力が大きな魅力だ。 写真:日刊スポーツ/朝日新聞社

 10月17日に行われるプロ野球ドラフト会議。今年も多くの注目選手が存在しているが、果たして「本当の実力者」は誰なのか。ポジションや年齢は問わず、総合ランキングとして1位から50位までを紹介していく。各選手の立ち位置を明確にするために、あえてプロ志望届を提出しなかった選手も含めている。加えて、選手の特徴が分かりやすいようにタイプ診断も併記した。


1位
佐々木朗希[投手・大船渡高]

(ささき・ろうき/右投右打)
将来像:ダルビッシュ有(カブス)

 大げさではなく、日本球界で投手としては史上最高のポテンシャルを秘めた選手。160kmを超えるスピードばかり注目されるが、フォームの完成度、コントロール、変化球、いずれも高い水準にあり、体力面が不足していながらこれだけのボールを投げられるというところに底知れぬ魅力を感じる。近い将来、日本球界はおろかメジャーを代表する投手に成長することも十分に考えられるだろう。
■タイプ診断:#速球派 #エース候補 #ダイヤの原石 
2位:奥川恭伸[投手・星稜高] 
(おくがわ・やすのぶ/右投右打)
将来像:千賀滉大(ソフトバンク)

 昨年秋の時点でも間違いなく1位候補だったが、今年の春、夏と着実な成長を見せてさらなるスケールアップを果たした。無駄な動きの少ないフォームで、体の近くで縦に鋭く腕が振れ、コーナーに150km前後のストレートを投げ分けるピッチングは高校生離れしたものがある。変化球の精度、投球術も一級品で、ここ一番でギアを上げられるのも長所だ。高校生ながら、すべてにおいて完成度が高く、1年目からの先発ローテーション入りも期待できるだろう。
■タイプ診断:#総合力 #エース候補 #スター候補


3位:森下暢仁[投手・明治大]
(もりした・まさと/右投右打)
将来像:岸孝之(楽天)

 即戦力という意味では、今ドラフトNo.1の大学生右腕。昨年までは故障も多く、素材はいいものの安定しないという印象だったが、今年は春からフル回転。リーグ戦、大学選手権、日米大学野球と常にレベルの高いピッチングを見せ、一気に目玉の一人に評価を上げた。肩の可動域が広く、ヒジを柔らかく使って真上から腕を振り下ろし、ボールの角度、精度は素晴らしいものがある。試合を作る能力は十分で、1年目から2桁勝利の期待もかかる。
■タイプ診断:#即戦力 #完成度 #赤丸急上昇

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング